ここから本文です。

現在位置

家賃支援給付金に関するお知らせ

(経済産業省)家賃支援給付金に関するお知らせ

家賃支援給付金とは?

5月の緊急事態宣言の延長等により、
売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、
地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を国が支給します。

家賃支援金についてのpdfお知らせ(153.84 KB)
 
 

支給対象(①②③すべてを満たす事業者)

①資本金10億円未満の中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者※医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人、会社以外の法人も幅広く対象。

②5月~12月の売上高について、
1か月で前年同月比50%以上減少
連続する3か月の合計で前年同期比30%以上減少
した事業者

自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払いした事業者

 

給付額

  法人に最大600万円、個人事業者に最大300万円を一括支給。

算定方法申請時の直近1か月における支払賃料(月額)に基づき算定した給付額(月額)の6倍
 
支払賃料(月額) 給付額(月額)
法人 75万円以下 支払賃料×2/3
75万円超 50万円+[支払賃料の75万円の超過分×1/3]
※ただし、100万円(月額)が上限
個人事業者 37.5万円以下 支払賃料×2/3
37.5万円超
25万円+[支払賃料の37.5万円の超過分×1/3]
※ただし、50万円(月額)が上限

必要書類

法人
・申請にもちいる売上が減った月・期間と比較する
すべての事業年度の確定申告書類
・申請にもちいる売上が減った月・期間の売上台帳など
・賃貸借契約書の写し
・直前3か月間の賃料の支払い実績を証明する書類
・給付金の振込をする口座情報
・誓約書


個人事業者
・申請にもちいる売上が減った月・期間と比較する
2019年分の確定申告書類
・申請にもちいる売上が減った月・期間の売上台帳等
・賃貸借契約書の写し

・直前3か月間の賃料の支払い実績を証明する書類
・給付金の振込をする口座情報
・本人確認書類の写し
・誓約書


詳しくはリーフレットをご覧下さい。pdf家賃支援金リーフレット(930.17 KB)
 

申請受付

電子申請(インターネットを利用した申請)を基本としています。

家賃支援給付金申請サイト:https://yachin-shien.go.jp/
 

申請サポート会場

家賃支援給付金の申請は電子申請(インターネットを利用した申請)を基本としていますが、ご自身で電子申請を行うことが困難な方のために入力サポートを行う会場がございます。

※苫小牧市内のサポート会場は終了いたしました。
現在のサポート会場開設情報
https://yachin-shien.go.jp/support/list/hokkaido/index.html

家賃支援給付金 申請サポート会場 オンライン予約ページ
https://yachin-shien.go.jp/place/ys-056/index.html

家賃支援給付金 申請サポート会場 電話予約窓口
📞0120-150-413

 

お問合せ先等

家賃支援給付金コールセンター
📞0120-653-930 


(ご参考)
家賃支援給付金ポータルサイト:https://yachin-shien.go.jp/

 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

産業経済部産業振興室商業振興課
053-8722
北海道苫小牧市旭町4-5-6 苫小牧市役所9階会議室
電話(専用ダイヤル):0144-32-6445

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません