ここから本文です。

経営継続支援事業について

経営継続支援事業

新型コロナウイルス感染症の影響で、売上が減少した市内の中小・小規模事業者のうち、
前年同月比で30%以上50%未満減少している事業者を支援します。


pdf(303.77 KB)

 

支援内容

⇒1事業者につき、10万円を給付
⇒本市と契約のある業務用水道料金・下水道使用料を2か月分減免


※上下水道部の詳しい内容はコチラ!!
 

支援対象者

市内に主たる事業所がある中小・小規模事業者
《法人》
・苫小牧市内に主たる事業所があり、法人税の納税地が苫小牧市であること。
・資本金の額又は出資の総額が10億円未満であること。額の定めがない法人の場合は、常時使用する従業員の数が2,000人以下であること。

《個人》
・苫小牧市内に住所を有しているか、令和元年度所得税の納税地が苫小牧市であること
 

給付要件

・令和2年3月までに創業した事業者で、今後も事業を継続する意思があること。
・令和2年1月から12月までの期間のうち、申請日の属する月の前月までに、ひと月の売上が前年同月比で30%以上50%未満減少した月があり、50%以上減少した月がひと月もないこと。
※前年同月比ができない場合は、創業月からの月平均と対象月を比較する。
・申請日において、国の持続化給付金、市の中小事業者持続化支援金を申請していないこと。
・苫小牧市暴力団の排除の推進に関する条例(平成27年苫小牧市条例第33号)に規定する暴力団、暴力団員、暴力団関係事業者等に該当しないこと。
 

必要書類

1.申請書兼誓約書
xlsxExcel(3.42 MB) 
pdfPDF(253.97 KB)
pdf記載例(258.54 KB)

2.市内に主たる事業所があることがわかるもの
《法人》
・確定申告書の写し(別表一と、法人事業概況説明書 表裏2枚)
※確定申告書の納税地が市外の場合は、 登記簿謄本又は定款(本店所在地が記載されたページ)の写しも添付
《個人》
・確定申告書の写し(第一表と、所得税青色申告決算書2枚)
 ※確定申告書がない場合は「納税証明書」、「個人事業の開業・廃業等届出書」の写しなど
・本人確認書の写し(運転免許証、パスポート、保険証等)

3.申請書に記入した任意の1か月間の売上が分かる帳簿等の写し

4.通帳の写し(経営継続支援金の振込先/金融機関名、口座番号、口座名義人が分かるページ)

○ pdf申請の手引き(497.53 KB)
○ pdfQ&A(171.80 KB)
 

申請期間

令和2年8月3日(月)から令和3年2月26日(金)【消印有効】
 

申請提出先

〒053-8722 苫小牧市旭町4丁目5番6号
苫小牧市緊急経済対策給付金室 経営継続支援金担当
※感染拡大防止のため郵送申請を基本とします。郵送が困難な方は窓口に相談ください。
※簡易書留や一般書留、レターパックプラス(郵送物の追跡ができる方法で、かつ配達時に受取確認がされるもの)で郵送してください。
 

お問い合わせ先

苫小牧市緊急経済対策給付金室 経営継続支援金担当
☎0144-32-6445 8:45~17:15(平日)
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

産業経済部産業振興室商業振興課
053-0022
北海道苫小牧市表町5丁目11番5号(ふれんどビル テナント棟3階)※市役所9階会議室に一時移転しています
電話:商業担当:0144-32-6445、融資担当:0144-32-6447
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません