ここから本文です。

現在位置

新型コロナウィルス感染症で影響を受ける事業者への支援について

 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける支援をまとめましたので、ご活用ください。
 
協力金・給付金・助成金
・北海道の要請で休業した 休業協力・感染リスク低減支援金
経営持続化臨時特別支援金
苫小牧市休業等支援金
・売上が前年比半減した 持続化給付金
・従業員の賃金が払えない 雇用調整助成金【NEW! 5/20】
・集客を取り戻したい 苫小牧市対策消費喚起事業助成金
・テレワークを導入したい 働き方改革推進支援助成金
IT導入補助金
・感染拡大防止に取り組みたい 宿泊事業者に対する支援
・従業員が子の世話で従業員が休業 小学校休業等対応助成金
子の世話のため契約した仕事ができない 小学校休業等対応支援金
融資・貸付
・資金繰りのため融資を受けたい 北海道の中小企業向け融資制度
マル経融資
(小規模事業者経営改善資金融資制度)
日本政策金融公庫の融資
・借入の負担を軽くしたい 新型コロナウイルス対策融資保証料補給事業
・休業により生活資金に不安がある 個人向け緊急小口資金等の特例
猶予など
・納税が今は厳しい 国税・道税の納税等の猶予、減免
市税の納付について
・社会保険料等が払えない 厚生年金保険料等の納付猶予
・水道料金の支払いについて 上下水道料金の納付の相談について
休業等事業者上下水道料金支援事業について【NEW! 5/22】
 
 

【北海道】休業協力・感染リスク低減支援金について

道からの要請で4月25 日~ 5月15 日までの期間を継続して休業または酒類の提供時間を短縮した中小企業及び個人事業主に 対して支援金 を支給します 。
法人には30 万円、個人事業主には20 万円 、19 時以降の酒類の提供を自粛した飲食店には10 万円を支給する。

 

お問い合せ先

【支援金お問い合わせセンター】
☎011-351-6469
受付時間:平日8:45~17:30 (土・日・祝日も開設)


詳細はこちら▼
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/csk/sienkin.htm

 
 

【北海道】 経営持続化臨時特別支援金

道では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と事業継続に取り組んでいただいている事業者の皆さまをご支援します。
 

支援金A

5月16日以降も引き続き、道の休業要請を受け対象施設の休業に協力している事業者には、10万円が支給されます。
※遅くとも5月19日から5月31日まで休業等の要請に協力した方が対象です。
 

支援金B

休業要請の対象外だが、長期間の外出自粛や自主的な休業により、月の売上が前年から、1/2以下になった事業者には、5万円が支給されます。
 

お問い合わせ先

「北海道新型コロナウイルス感染症対策本部 休業要請専用ダイヤル」
☎011-206-0104、011-206-0216
(受付時間 8:45~17:30)

詳細はこちら▼
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kks/kyuugyouyousei.htm



 

苫小牧市休業等支援金について

苫小牧市では、道の休業等の要請に協力し、店舗の休業や営業時間の短縮、席の間隔をあけるなど、感染リスクを低減する自主的な取組を行う事業者の方を対象に休業等支援金を給付します。<道支援金の上乗せ>と<市独自支援:酒類の提供のない飲食店へ30万円>
 

お問い合せ先

苫小牧市 緊急経済対策給付金室 休業等支援金担当
☎0144-32-6445(受付時間 8:45~17:15、土・日・祝日を除く)

詳細はこちら▼
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kanko/kosho/kyugyosien.html


 

【経済産業省】持続化給付金

新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している事業者(農業、漁業、製造業、飲食業、小売業など幅広い業種が対象)に対し、事業全般に使える給付金が支給されます。中小法人等には、200万円、個人事業者等には100万円を給付します。

詳細はこちら▼
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kanko/kosho/zizokuka.html
 

持続化給付金の対象者は道の【経営持続化臨時特別支援金】 支援金Bにも対象となります。





 

【厚生労働省】雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例について

事業活動の縮小など経済上の理由などにより従業員を休業させ、休業手当を支給した事業主への助成制度です。従業員には、パート、アルバイト等の雇用保険被保険者以外も含みます。中小企業は、条件に応じ、支給した休業手当の5分の4から10分の10(上限額8,330円)を助成します。大企業へは、条件に応じ、支給した休業手当の3分の2から4分の3(上限額8,330円)を助成します。 
 

小規模事業主(従業員が概ね20人以下)の方へ【NEW!】
「雇用調整助成金」申請手続きが簡素化されました。


・これまでの支給申請で必要だった「従業員一人当たり平均賃金額」の計算を免除し、実際に払った休業手当額」から簡易に助成額を算定できるようになりました。
 助成額=「実際に支払った休業手当額」×「助成率」

・申請様式が6種類から3種類に半減。添付書類も簡素化されました。
 ■添付書類 
 ①比較した月の売り上げが分かる書類
 ②休業させた日や時間が分かる書類
 ③休業手当や賃金の額が分かる書類
 ④(役員等がいる場合)役員名簿
 ※休業等計画届の提出が不要になりました。

・初日が1/24~5/31の休業の申請期限は、特例で令和2年8月31日まで

【申請方法について】
 雇用調整助成金マニュアル     
  ※雇用保険被保険者の方の休業
 緊急雇用安定助成金マニュアル    
  ※雇用保険適用していない方の休業
 雇用調整助成金(訓練用)マニュアル 
  ※訓練を実施した場合

お問い合わせ先

ハローワーク苫小牧 (苫小牧市港町1-6-15 苫小牧港湾合同庁舎)
☎0144-32-5221(助成金担当32#)
※事前の予約をお勧めいたします。

詳細はこちら▼

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html


 
 

苫小牧市新型コロナウイルス対策消費喚起事業助成金

新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ消費活動を回復するため、新たな手段で積極的に販路拡大、新規顧客の獲得を図った店舗、又はイベントや企画によって集客を取り戻すための取組を行った店舗に最大10万円を助成します。
 

お問い合わせ先

苫小牧市 中小企業・小規模事業者緊急相談窓口
☎0144-32-6445

詳細はこちら▼
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kanko/shinkoshien/coronapackage.html





 

【厚生労働省】働き方改革推進支援助成金

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、テレワークの新規導入に取り組む中小事業者を支援します。補助率は2分の1で、1企業 あたり 上限 100 万円です。
 

お問い合わせ先

テレワーク相談センター
☎ 0120 -91 -6479

詳細はこちら▼
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html



 

【経済産業省】IT導入補助金の特別枠について

IT導入補助金の特別枠(C類型)は、新型コロナウイルスの感染拡大対策として、非対面型ビジネスモデルへの転換、サプライチェーンの毀損(きそん)への対応、テレワーク環境の整備などに取り組む事業者によるIT導入などを優先的に支援するために創設されました。補助率は3分の2で、補助額は、30 ~450 万円です。
 

お問い合せ先

サービス等生産性向上IT導入支援事業 コールセンター
☎ 0570 -666 -424
受付時間 9:30〜17:30(土・日・祝日を除く)

詳細はこちら▼
https://www.it-hojo.jp/


 

【北海道】宿泊事業者に対する支援

感染予防に向けた衛生関連機器等の導入を支援します。1施設あたり支援の上限が200万円、補助率が4分の3です。

・衛生関連機器等補助:感染予防に向けた衛生関連機器等の導入支援
[対象経費]衛生関連機器等の購入・設置に係る費用
 

詳細・お問い合せ先

北海道庁観光局
☎ 011 -204 -5303

 
 

【厚生労働省】小学校休業等対応助成金

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子の保護者である労働者の休職に伴う所得の減少に対応するため、正規雇用・非正規雇用を問わず、有給の休暇(年次有給休暇を除く。)を取得させた企業に対する助成金です。
 

お問い合わせ先

<学校等休業助成金・支援金、コールセンター>
☎0120-60-3999
受付時間-9:00~21:00(土日・祝日含む)

詳細はこちら▼
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html

 

【厚生労働省】小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子どもの世話を行うため、契約した仕事ができなくなっている子育て世代を支援するための新たな支援金を創設しました。
 

お問い合わせ先

<学校等休業助成金・支援金、コールセンター>
☎0120-60-3999
受付時間-9:00~21:00(土日・祝日含む)

詳細はこちら▼
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10231.html




 

北海道の中小企業向け融資制度(中小企業総合振興資金)

【無利子融資 】中小企業者の皆様の経営 安定 を図るため、「新型コロナウイルス感染症対応資金 ※」等を創設しました。 ※融資金額 最大 6,000 万円以内 。据置最大5年間 、一定の要件を満たした場合に 3年間 の実質無利子 及び 保証料の減免
 

お問い合せ先

北海道庁中小 企業課
☎ 011 -204 -5346

詳細はこちら▼
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/csk/kny/yuushi/coronataioushikin.htm


 

【苫小牧商工会議所】マル経融資(小規模事業者経営改善資金融資制度)


1年以上、苫小牧市内で同一事業を営んでいる小規模事業者または個人事業主が対象で、商工会議所から経営指導(原則6ヶ月以上)を受けた方に対し、無担保・無保証人で、日本政策金融公庫が融資を行う国の制度です。運転資金(仕入れ資金や給与・ボーナスの支払いなど)や設備資金にお使いいただけます。

・貸付限度額…2,000万円(別枠で1,000万円)
・利率…1.21% (左記利率から当初3年間▲0.9%引き下げ)
・返済期間…運転資金7年以内 据置期間 1年以内(3年以内)
・設備資金10年以内 据置期間 2年以内(4年以内)


※新型コロナウイルスに関する特例…最近1カ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少している小規模事業者の方は(下線部)の特例措置が適用されます。
 

お問い合わせ先

苫小牧商工会議所 中小企業相談所 
☎0144-33-5454

詳細はこちら▼
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/kaizen_m.html



 

【経済産業省】セーフティネット保証4号・5号

新型コロナウイルス感染症により影響を受けている中小企業者への資金繰り支援措置として、一般保証と別枠の保証が利用可能となります。

本店等(個人事業主の方は主たる事業所)所在地の市町村に認定を受け、希望の金融機関または所在地の信用保証協会に認定書を持参のうえ、保証付き融資を申し込むことが必要です。

 

お問い合わせ先

〇市の認定申請先
苫小牧市 中小企業・小規模事業者緊急窓口
専用ダイヤル ☎0144-32-6445

〇北海道信用保証協会
経営金融相談ダイヤル ☎0120-279-540


 

 


 

【日本政策金融公庫】新型コロナウイルス感染症特別貸付および特別利子補給制度について

新型コロナウイルスの発生に原因して、売上が減少した中小企業・小規模事業者等が、「新型コロナウイルス感染症特別貸付」および「特別利子補給制度」を併せて申請することで、当初3年間について無利子(4年目以降は基準金利となります)で融資します。

〇融資限度額
国民生活事業:別枠6,000万円
中小企業事業:直接貸付別枠3億円

〇返済期間 
設備資金 20年以内(うち据置期間5年以内)
運転資金 15年以内(うち据置期間5年以内)

お問い合わせ先

日本政策金融公庫事業資金相談ダイヤル
0120-154-505


 

【苫小牧市】新型コロナウイルス対策融資保証料補給事業

金融機関からの借入に係る信用保証料を、市が最大10万円を負担(補給)します。補助対象は、新型コロナウイルスによる影響を受け、市内主要金融機関による融資を受けた小規模事業者のうち、信用保証協会による保証を受けた事業者です。
 

お問い合わせ先

苫小牧市 中小企業・小規模事業者緊急相談窓口
☎0144-32-6445

詳細はこちら▼
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kanko/shinkoshien/coronapackage.html


 

【苫小牧市社会福祉協議会】個人向け緊急小口資金等の特例

新型コロナウイルスの影響による休業等を理由に、一時的に資金が必要な個人事業主や フリーランスの方へ、緊急の貸付等を実施します。
 

詳細・お問い合わせ先

苫小牧市社会福祉協議会くらし支援課相談支援係
0144-32-7111

個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター 
☎0120-46-1999(9:00~21:00 土日、祝日含む)

 

 

国税・道税の納税等の猶予、減免

新型コロナウイルス感染症の影響により、一時に納付することが困難な場合には、徴収の猶予制度があります。

 

お問い合わせ先

国税: 札幌国税猶予相談センター
☎011 -261 -2251

道税: 胆振総合振興局 苫小牧道税事務所 
☎0144-32-5178


 

 

【年金事務所】厚生年金保険料等の納付猶予

厚生年金保険料等を一時的に納付することが困難な時は、管轄の年金事務所を経由して地方(支)局長へ申請することにより、納付の猶予が認められる場合があります。
 

お問い合わせ先

苫小牧年金事務所
☎0144-56-9000(担当4#)



 

【苫小牧市】市税の納付について

新型コロナウイルス感染症の影響により、市税について納期限内に納めることができないときは、納税についての相談を行っております。

お問い合わせ先

苫小牧市財政部納税課 
☎0144-32-6274


 
 

【苫小牧市】上下水道料金の納付についての相談

新型コロナウイルス感染症の影響による収入の減少などにより、上下水道料金のお支払いが困難なお客様には、お支払い期間の猶予などのご相談をお受けしています。
 

お問い合わせ先

苫小牧市上下水道部営業課
0144-32-6647




 

【苫小牧市】休業等事業者上下水道料金支援事業について

新型コロナウイルス感染症の感染防止拡大に係る休業協力や感染リスク低減に取組むことにより、北海道及び苫小牧市が実施する支援金の給付を受ける法人または個人事業者を対象として、水道料金及び上下水道使用料の負担を軽減します。
 

お問い合わせ先


苫小牧市上下水道部営業課
☎0144-32-6679

詳細はこちら▼
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kurashi/jogesuido/sokatsu/sienjigyou.html


 

お問い合わせ

産業経済部企業政策室工業・雇用振興課
電話:工業振興担当:0144-32-6432、労政担当:0144-32-6436
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません