ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

子ども向け科学教室、ものづくり教室

子ども向け科学教室、ものづくり教室一覧

科学センター以外の、市内企業、団体、学校等の子ども向け科学教室、ものづくり教室、体験型行事等をご紹介しています。
行事名 実施時期 主催
科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー ・平成29年7月23日(日)
・平成29年12月(予定)
トヨタ自動車北海道(株)
出前授業「石油と環境について考えよう」 打合わせの上決定 出光興産株式会社北海道製油所
とましん子供ものづくり教室 ・平成29年8月10日(木)
・平成30年1月(予定)
苫小牧信用金庫
YAC例会および宇宙教室 毎月第2土曜日(例会) 日本宇宙少年団苫小牧分団
自然と遊ぼう!エコ遊び!
発明&デザイン「地域宝おこし」
①平成29年7月8日(土)
②平成30年2月上旬予定
苫小牧発明研究会
AMラジオを作ろう! 平成29年7月29日(土) 日本無線㈱北海道支社・㈱電気工事西川組 (共催 苫小牧発明研究会)
科学の祭典苫小牧大会 平成29年9月9日(土) 苫小牧科学の会
子どもわくわく教室IN苫小牧 ・平成29年7月8日(土)
・平成30年2月24日(土)
Let's Kids うとねっと苫小牧支部(TOSSシグナス)
ものづくり体験
技能祭「各種ものづくり体験」
・平成29年11月5日(日)
・平成29年3月(予定)
苫小牧地区技能士協会
実験教室「科学のとびら」
公開講座
出前授業
①10月~11月ごろ
②テーマごとに設定
③適宜開催(5月~2月の平日)
苫小牧工業高等専門学校
体験・工作教室「電気科」
体験・工作教室「情報技術科」
体験・工作教室「環境化学科」
平成29年7月17日(月)の学校祭の一般公開日 北海道苫小牧工業高等学校
苫小牧科学の祭典 ボランティア指導 平成29年9月9日(土) 北海道苫小牧東高等学校
(お知らせ)このページに、掲載ご希望の方は科学センターまでご連絡ください。

 

科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー

主 催 トヨタ自動車北海道株式会社(http://www.tmh.co.jp/
趣 旨 子どもたちにモノづくりの楽しさ・大切さを伝え、科学技術に対する興味や夢を育むことを目的に科学工作教室を開催しています。
内 容 「2足歩行型ロボットを作ろう」
重心やバランスの取り方など「脚を上げて歩く基礎」を学んで、実際にロボットを作ります。
 
日 時 ・平成29年7月23日(日)10:00~12:00 
・平成29年12月(予定)
会 場 苫小牧市科学センター(苫小牧市旭町3‐1‐12)
対 象 小学4~6年生(保護者同伴可)
定 員 定員30名(先着順)
参加費 無料
申込み・問合せ 平成29年7月4日(火)より申込受付 
電話:0144‐52‐3281 
  
トヨタ二足型ロボット二足歩行型ロボット立ち姿




 

出前授業「石油と環境について考えよう」

主 催 出光興産株式会社北海道製油所
趣 旨 苫小牧市内の小学生を対象に、石油を題材に環境問題への関心と地元企業への理解を高めていただくことを目的に、出前授業及び製油所見学会を2007年から毎年開催しています。
内 容 テーマ:「石油と環境について考えよう」
講座内容 1.石油について知る(講義)
2.身の廻りにある石油製品(講義と小学校教諭による実験)
3.石油と地球環境(講義)
見学会内容 1.製油所の概要(講義)
2.講座での質問に対する回答(講義)
3.製油所構内バス見学(精製装置・消防設備・タンク・オペレーション施設)
日 時 打合わせの上決定
会 場 市内小学校教室、見学会:製油所構内
対 象 小学生
定 員 100名程度(2~3クラス)
参加費 無料
申込み・問合せ 小学校校長会にて実施校の選定をしていただいております。
・出光興産株式会社北海道製油所 総務課(電話:0144‐56‐0121)
出前講座「石油と環境について考えよう」写真出前講座「石油と環境について考えよう」写真


 

とましん子供ものづくり教室

主 催 苫小牧信用金庫 
趣 旨 児童・生徒の理科離れ、理系進学率の低下が叫ばれている中、子供たちに「ものづくりのこころと楽しさ」を体験・学習してもらい、子供たちのものづくりに対する関心を一層高めてもらうことを目的として開催しています。
内 容

LEDで作るピカピカ☆ボックス~君だけの色を作ろう~
室蘭工業大学ロボットアリーナオリジナルキットで、テーブルライトを作製し、ものづくりの楽しさを体験すると共に色の三原色を学びます。

日 時 平成29年8月10日(木)13:00~15:00
平成30年1月(予定)
会 場 苫小牧信用金庫 本店会議室(苫小牧市表町3-1-6)
対 象 小学4~6年生
定 員 20名(保護者同伴可 同伴者は定員に含みません)
参加費 無料(作品は持ち帰れます)
申込み・問合せ 受付期間 平成29年7月3日(月)~8月4日(金)
但し定員になり次第締め切ります。
苫小牧信用金庫業務推進部(電話:0144‐31‐2145)
 ピカピカ☆ボックス


 

YAC例会および宇宙教室

主 催 日本宇宙少年団苫小牧分団(通称YAC)
趣 旨 宇宙のもつ素材を利用して、子どもたちの心に、自然と宇宙と生命への限りない愛着を呼び起こし、いのちの大切さを基盤として、「好奇心」「冒険心」「匠の心」を豊かに備えた明るく元気で創造的な子どもたちを育てることを目的に開催しています。
内 容 (2月例会の参考)
2020年宇宙の旅~宇宙で生活するには「月・火星」~宇宙の環境を知り、人間が生きていくためには何が必要かを実験を交えて学びます。
※定例会は団員向けですが、体験学習としての見学は実施しています。例会以外の宇宙教室は一般向けとして受入れ可能です。
活動を詳しく知りたい方は団員コミュニティサイトへ(http://www.yac-j.com/
日 時 月1回、第2土曜日 10時~12時
会 場 苫小牧市科学センター(苫小牧市旭町3‐1‐12)
対 象 幼児~小・中・高校生
定 員 なし
参加費 団員は無料
申込み・問合せ 直接会場へお越しください。
・体験希望者は細川まで(電話:0144‐55‐9159)
YAC例会および宇宙教室写真YAC例会および宇宙教室写真


 

自然と遊ぼう!エコ遊び!

主 催 苫小牧発明研究会(http://toma-hatumei.jimdo.com/
趣 旨 里山の自然環境に親子で参加し、湖沼群、水脈から海浜に至るまでの植生に身を置き、生き物たちとの共生を体感させることを目的に開催しています。
内 容 笹舟レース大会、ボウナのくきで笛づくり、ペットボトルロケット、凧上げづくり、しゃぼん玉、割り箸のゴム鉄砲作り、ニジマスのつかみどり、イタドリの水鉄砲づくりなどを実施します。
日 時 平成29年7月8日(土)10時~14時
会 場 苫小牧オートリゾートアルテン(苫小牧市字樽前421‐4、電話:0144‐61‐4126)
対 象 幼児~小学生
定 員 20~120名程度(各行事毎に20~50名)複数参加もOKです。
参加費 無料
申込み・問合せ 苫小牧発明研究会 事務局(電話:0144‐72‐7917、FAX:0144‐72‐7934)
自然と遊ぼう!エコ遊び!写真自然と遊ぼう!エコ遊び!写真


 

発明&デザイン「地域宝おこし」

主 催 苫小牧発明研究会(http://toma-hatumei.jimdo.com/
趣 旨 多くのアイディアを知的財産にまでなれるように、また科学者、創造者、ものづくり者等の人材育成とそれぞれ個人、社員、企業が新しいことに挑戦していくためのヒントや相談を受け入れることを目的に開催しています。
内 容 特別講演、発明相談コーナー、展示および実演コーナー、事例発表などを実施します。
日 時 平成30年2月上旬(予定)
会 場 苫小牧市民活動センター(苫小牧市若草町3‐3‐8)
対 象 小・中学生~一般
定 員 100名程度
参加費 無料
申込み・問合せ 苫小牧発明研究会 事務局(電話:0144‐72‐7917)
発明&デザイン「地域宝おこし」写真発明&デザイン「地域宝おこし」写真
 

AMラジオを作ろう!

主 催 日本無線㈱北海道支社・㈱電気工事西川組
共 催 苫小牧発明研究会
趣 旨 AMラジオを実際に組み立てることで、無線について学びます。
内 容 スパイダーコイルを自分でまいたり、部品をはんだ付けしたりして、手づくりのダイヤル付きAMラジオを製作します。
日 時 平成29年7月29日(土)13:00~16:00
会 場 苫小牧市科学センター
対 象 小学4年生~6年生とその保護者
定 員 24組48名
参加費 無料
申込み・問合せ 平成29年7月5日(水)から科学センターと㈱電気工事西川組(電話:0144-72-7917)で電話により受付
AMラジオ①

  科学の祭典苫小牧大会
主 催 苫小牧科学の会(苫小牧工業高等専門学校内)
趣 旨 北海道胆振支庁近郊の小・中学生を対象に科学啓蒙活動を行い、身近にある事物を科学的に捉える契機を与えることで科学の楽しさや面白さを子どもたちに伝え、苫小牧を含む胆振支庁近郊に居住する子どもたちの健全育成の一助を目的に開催しています。
内 容 紙ができるまで、モデルロケットの打ち上げ、アイロンビーズ、ロボットアーム、回るヘビ、LEDを使った科学工作、シャボン玉の不思議など30ブースを予定しています。
日 時 平成29年9月9日(土)10:00~15:30
会 場 苫小牧市科学センター(苫小牧市旭町3‐1‐12)
対 象 小・中学生
定 員 1,000名ほど
参加費 無料
申込み・問合せ 事前申込み不要、直接会場へお越しください。
苫小牧科学の祭典写真苫小牧科学の祭典写真


 

子どもわくわく教室IN苫小牧

主 催 Let’s Kids うとねっと苫小牧支部(TOSSシグナス)
趣 旨 土曜日の親子での体験活動、異学年での交流、科学好きの子どもの育成を目的に開催しています。
内 容 ①平成29年7月8日:第57次南極地域観測隊に同行した柴田和宏教諭による南極に関わる科学講座を実施します。
②平成30年2月24日:日本理科教育支援センターの小森栄治氏による科学実験教室を実施します。
日 時 ①平成29年7月8日(土)13時~15時
②平成30年2月24日(土)10時~16時
会 場 苫小牧市科学センター(苫小牧市旭町3‐1‐12)
対 象 幼児~小・中学生
定 員 1回40名
参加費 無料
申込み・問合せ お申込みはQRコードかFAXで
FAX:0144-74-6270(うとねっと苫小牧事務局:田上)

田上大輔 meitoku@d2.dion.ne.jp
子どもわくわく教室IN苫小牧写真子どもわくわく教室IN苫小牧写真
 

ものづくり体験

主 催 苫小牧地区技能士協会
趣 旨 11月は職業能力開発促進月間となっております。私たち技能士も毎年11月10日を「技能の日」と制定し、様々なPR活動等を行っております。苫小牧地区技能士協会では、この一環として小中学校のお子様を対象に「ものづくり」の楽しさを体験していただくための、体験会を開催しています。プロの技能士の指導により職業能力開発の正しい理解と認識を深めてもらうことを目的に開催しています。
内 容 4職種の技能士会による「ものづくり体験」(予定)
1 配管技能士会:パイプを使ったフラフープ作り
2 建築板金技能士会:銅板で作る折り鶴
3 左官技能士会:タイルアート
4 建築大工技能士会:上棟式の疑似体験(小さな家つくり)
日 時 平成29年11月5日(日)10:00~16:30
会 場 イオン苫小牧店1階セントラルコート
対 象 小・中学生
定 員 各コーナー、30~50名
参加費 無料
申込み・問合せ 地区技能士協会(当日会場で)(電話:0144‐55‐6622)




 

技能祭「各種ものづくり体験」

主 催 苫小牧地区技能士協会 共催「北海道職業能力開発協会」
趣 旨 技能士に対する理解周知のため、作品の展示即売会、ものづくり体験コーナーを通じて子供たちに、ものづくりの楽しさを体験してもらい、技能士と市民との広いふれあいと、技の公開をすることにより職業能力開発の正しい理解と認識を深めてもらうことを目的とします。
内 容 タイルアート、塗り絵、竹とんぼ・竹細工、レンガの門柱・塀作成、銅板製おりつる製作、ものづくり宝の山、子供上棟式、踏み台、フラフープ、ロボット操作などを体験します。
日 時 平成30年3月(予定)
会 場 第1会場:苫小牧地域職業訓練センター(苫小牧市新開町4‐6‐12)
第2会場:北海道立苫小牧高等技術専門学院(苫小牧市新開町4‐6‐10)
対 象 小・中学生(ご来場者にはとまチョップポイント100ポイントをプレゼントします。)
定 員 各コーナー、30~100名
参加費 無料
申込み・問合せ 地区技能士協会(当日会場で)(電話:0144‐55‐6622 担当:村上)
 技能祭「各種ものづくり教室」写真技能祭「各種ものづくり教室」写真2


 

実験教室「科学のとびら」

主 催 苫小牧工業高等専門学校
趣 旨 地域の小・中学生をはじめとする地域住民に対して、科学に触れる機会を提供し、実際に触れることで、その楽しさ、面白さを知ってもらい、科学への興味を引き出すことを目的に開催しています。
内 容 会場内にテーマの異なる複数のブースを設けて、ブースごとに工作や実験を行います。平成28年度は7テーマを実施しました。近年は10~11月の休日に、イオンモール苫小牧で開催しています。午前の部と午後の部の2回開催し、内容は全て同一です。工作の成果物は、全て参加者の持ち帰り(おみやげ)としています。
日 時 平成28年10月10日(月・祝)11:00~14:30(2回実施)(平成28年度)
会 場 イオンモール苫小牧 1階イーストコート(苫小牧市柳町3-1-20)
対 象 小・中学生を中心とする地域住民
定 員 特になし
参加費 無料
申込み・問合せ 事前申込不要、当日は直接会場へ。開始30分前を目安に整理券を配布。
・苫小牧高専総務課企画調査係まで(電話:0144‐67‐8901)
苫小牧高専実験教室「科学のとびら」写真苫小牧高専実験教室「科学のとびら」写真


 

公開講座

主 催 苫小牧工業高等専門学校
趣 旨 地域社会等との連携・協力、社会サービスの一環として、本校が持っている専門的、総合的な教育・研究機能を社会に開放することにより、生活上・職業上の知識、技術及び一般的教養を身に付けるための学習の機会を広く社会人等に対して提供します。また、小・中学生に対し、講座を通して「ものづくり」等の楽しさを伝えることで、理科をはじめとした学問への興味を抱かせ、科学技術に関心を持たせる動機づけを図ることを目的に開催しています。
内 容 複数のテーマ(平成29年度は10テーマ)を設定し、テーマごとに参加者を募集し、苫小牧高専内の講義室・実験室・研究室等で工作や実験を行います。開催日時はテーマごとに設定しています。現在は主に小・中学生向けの講座を開催しています。詳細はホームページをご覧ください。
日 時 各1回
会 場 本校講義室・実験室・研究室等(苫小牧市錦岡443番地)
対 象 小・中学生(テーマごとに設定)
定 員 10~20名(テーマごとに設定)
参加費 無料
申込み・問合せ

     問合せ:Eメール(kouza@Tomakomai-ct.ac.jp)でのみの受付。詳細はホームページをご覧ください。苫小牧高専総務課企画調査係(電話:0144‐67‐8901)。テーマにより受講申込の締切日が異なりますのでご確認ください。

苫小牧高専「公開講座」写真苫小牧高専「公開講座」写真


 

出前授業

主 催 苫小牧工業高等専門学校
趣 旨 地域貢献の一環として、苫小牧市近郊の小・中学校及び各種団体等に対し、教育的支援の機会をより多く提供することで、地域の生涯学習環境の充実に貢献することを目的に開催しています。
内 容 申込み内容に基づき、小学校や中学校などを訪問して実験や工作を行います。開催する内容は13テーマ(平成29年度)の中から選択します。それ以外の内容で実施したいという希望がある場合は相談に応じます。開催する日時は申込者と担当者との協議の上で決定します。詳細はホームページをご覧ください。
日 時 平成29年5月~平成30年2月末日までの平日。
会 場 申込みに応じて各小・中学校や地域の公共施設等で開催します。
対 象 小学校高学年、中学生、高等学校、社会人(教員)
定 員 テーマごとに設定・応相談
参加費 無料
申込み・問合せ

     苫小牧高専総務課企画調査係 富塚、簗田まで(電話:0144‐67‐8926、8901)。

苫小牧高専「出前講座」写真苫小牧高専「出前講座」写真


 

体験・工作教室「電気科」

主 催 北海道苫小牧工業高等学校(電気科)
趣 旨 工業高校の学習内容を紹介し、興味をもってもらうことを目的に開催しています。
内 容 学校祭の一般公開日に、卓上型電流イライラ棒の製作・販売をします。電線の加工や半田ごてを使用し簡単な電線の接続をします。工具を使用し組み立てて完成となります。ライントレースカーの乗車は今年も行います。
日 時 平成29年7月17日(月)
会 場 苫小牧工業高等学校内(苫小牧市字高丘6番地22)
対 象 小学3年生~
定 員 なし
参加費 材料費500円
申込み・問合せ 事前申込不要、直接会場へお越しください。
・苫小牧工業高等学校 図書情報部(電話:0144‐36‐3161)
   


 

体験・工作教室「情報技術科」

主 催 北海道苫小牧工業高等学校(情報技術科)
趣 旨 小学生に、ものづくりのおもしろさと科学への興味をもってもらうことを目的に開催しています。
内 容 学校祭の一般公開日に、電気工作と紙工作を複合させて「手のひらに収まる光る置物」を作ります。
日 時 平成29年7月17日(月)
会 場 苫小牧工業高等学校内(苫小牧市字高丘6番地22)
対 象 小学生
定 員 30名程度
参加費 無料
申込み・問合せ 事前申込不要、直接会場へお越しください。
・苫小牧工業高等学校 図書情報部(電話:0144‐36‐3161)
体験・工作教室「情報技術科」写真体験・工作教室「情報技術科」写真 


 

体験・工作教室「環境化学科」

主 催 北海道苫小牧工業高等学校(環境化学科)
趣 旨 小学生に、ものづくりのおもしろさと科学への興味をもってもらうことを目的に開催しています。
内 容 学校祭の一般公開日に、化学反応を利用してかわいいストラップを作ります。
日 時 平成29年7月17日(月)
会 場 苫小牧工業高等学校内(苫小牧市字高丘6番地22)
対 象 小学生
定 員 数十名
参加費 無料
申込み・問合せ 事前申込不要、直接会場へお越しください。
・苫小牧工業高等学校 図書情報部(電話:0144‐36‐3161)
体験・工作教室「環境化学科」写真体験・工作教室「環境化学科」写真

お問い合わせ

苫小牧市科学センター
電話:0144-33-9158
※各行事については主催者(申込み・問合せ)へお問合せ下さい。
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

イベント

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません