ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

平成30年9月(鎌田)

 こんにちは、苫小牧市立病院初期臨床研修医1年の鎌田和郎です。

 早いもので研修が始まってから約半年ほど経過しましたが、研修環境・職員の方々に恵まれ、学生時代の自分に「この病院を選んでよかった」と胸を張って言える程快適な研修の日々を過ごしております。

 今までの先輩方の「研修医の声」と重複する部分はあると思いますが、この病院で研修を始めて特に魅力的であった点をいくつか述べていきたいと思います。

1.病院の研修環境が良い
 各科の先生方はとても熱心に指導してくださりますし、多くの手技も丁寧に指導をしていただきながら経験することが可能です。症例についてはcommon diseaseから、新たに勉強しなくてはならない稀な疾患まで幅広く経験することが可能です。病院のスタッフの方々も皆優しく対応してくださり、日々の業務でわからないことがあっても相談がしやすい環境であると思います。また医局秘書・事務の方々がとても親切で、苫小牧での生活環境や、働き始めてからの事務的な手続き等、様々な面で研修医をサポートしてくださります。

2.救急外来の体制が良い
 救急外来は日中の業務以上に研修医主体で患者さんを診療するため、とても勉強になります。研修医1年目、2年目、3年目以上の上級医の3人体制で、2年目の先生には相談がしやすく、また上級医の先生方の指導も充実しておりますので、1年目の自分にとっては非常に心強いです。1回の日当直でくる患者さんの数は日によって差はありますが、Walk inから救急車まで幅広く、様々な症例が経験でき各疾患に対する具体的な初期対応を身につけることができます。回数も月に3−4回と体力的な面でもちょうど良い回数です。また月に数回「救急外来カンファレンス」という、研修医が救急外来で経験した症例を発表する会があります。各症例において他の研修医がどのように考え、どのような対応をしたのかとても勉強になりますし、自らの普段の救急外来での対応を見直すいい機会になっています。

3.札幌・新千歳空港から近い
 札幌へはJRで1時間程度で行くことができ、札幌開催の勉強会や大学の医局説明会にも手軽に行くことが可能ですし、休日にすぐ札幌に行くことができるのは気分転換の面でもとてもいいと思います。また新千歳空港も近く、道外での勉強会・学会や旅行にも行きやすく、非常に便利です。

4.研修医の人数がちょうど良い
 人数が少なすぎると仕事や当直の負担が増えますし、多すぎたら研修医同士の仲が希薄になってしまったり、症例・手技のチャンスが減るのではと考えられます。現在、当院は初期研修医1年目6人、2年目7人で、多すぎず少なすぎずとてもちょうど良い人数です。1年目の同期6人は同じマンションで生活しており、飲み会や食事の機会も多く日々仲良く過ごしております。

 この他にも良いところは書ききれないほどありますし、文章のみでは伝わりきらない部分も多々あると思います。まずは是非1度見学に来てみて、苫小牧市立病院の良さを実感していただければと思います。

 研修医一同お待ちしています!
 

 










 

平成30年9月
初期臨床研修医 鎌田 和郎

お問い合わせ先

苫小牧市立病院
電話:0144-33-3131

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません