ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

平成29年12月(保浦)

こんにちは。基幹型研修医1年目の保浦直弘です。
研修があともう少しで1年になるところですがこの9か月本当にあっという間で、研修医の仲間や先生方、スタッフの方に支えられながら充実した毎日を過ごしています。今までの研修生活を振り返りながら皆さんに当院の研修を紹介してみようと思います。


職員の方々が優しい
 
この病院を見学しようと思ったきっかけは、職員の方が優しく病院の雰囲気がいいという話を聞いたからです。見学に行ってみると本当に雰囲気が良く、見学中にもいろいろなことを学ぶことが出来ました。実際に働いてみると医学以外にも病院のシステムがわからなくて困る事が多いですが、先生方だけでなくコメディカルの方々も優しく、困ったことがあったり、何か聞きたいことがあった時にすぐに質問できたりするので、とても働きやすいです。


当直の体制が充実している

当直は月に3~4回あり、1年目研修医1人、2年目研修医1人、上級医1人の3人体制で行います。当直の体制は病院によって様々だと思いますが、私はこの体制が良いと思っています。2年目の先生がいるので、困ったことがあったらすぐに聞けますし、来年の目標にもなってモチベーションも上がります。


研修医の人数が丁度いい

現在研修医は1年目2年目ともに7人の計14人で研修しています。少なすぎず多すぎずちょうどいい人数だと思います。研修医の仲も良く、温泉に行ったり、時間を見つけて飲みに行ったりしています。


文章だけではうまく伝わらない部分もあると思います。少しでも興味のある方は是非見学にいらして下さい!充実した見学ができると思います。お待ちしています!
 


平成29年12月
初期臨床研修医 保浦 直弘

お問い合わせ先

苫小牧市立病院
電話:0144-33-3131

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません