ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

平成29年12月(齋藤)

こんにちは。苫小牧市立病院研修医1年目の齋藤祐美花と申します。
 研修も1年目の後半に突入しましたが、人と環境に恵まれ、日々成長し新たなことを学ぶことができていると感じています。この病院に興味を持って下さった方に、この半年間で感じた苫小牧市立病院の魅力をいくつか紹介してみたいと思います。

・研修医の数がちょうど良い、仲が良い!
 実際に研修を始めてみて、1学年に7人という研修医の人数はすべてにおいてちょうど良いなぁと感じます。当直は月3回程度で、「ちょっと体力に自信はないけれど、初期研修のうちにしっかりと救急車対応できるようになりたい!」という人には適度な回数だと思います。また、7人いれば困ったときも助け合い、辛いときもお互い支えあいながら研修ができるとも感じています。疲れた時にもみんなでワイワイ話していると気分転換にもなりますし、わからないこともお互い教えあうことができ、とても良い環境だと感じています。また、2年目の先輩方ともとても仲良くさせていただいていて、いつも近くにいるので、困ったり悩んだりしたら気軽に相談でき、何度も何度も助けられています。

・スタッフの方々がとっても素敵!
 私たち研修医は、各科の先生方はもちろん、看護師さん、薬剤師さん、技師さん、事務の方、秘書さん、ほかにもたくさんの職種の方々に助けていただきながら日々の診療にあたっています。各科の先生方はとても指導熱心で、忙しい中でも時間を割いてたくさんのことを教えて下さいますし、手技も(きちんと見守りながら)たくさん経験させてくださいます。その科の研修中はもちろん、研修終了後も気にかけて下さり、わからないことがあればいつでも質問に答えて下さるのは本当にありがたいです。また、毎日病棟や検査室、救急外来などでわからないことがたくさん出てきますが、コメディカルの皆さんが一つ一つ丁寧に教えて下さり、ミスをしても優しくフォローしてくださいます。少し疲れたなぁという時も、コメディカルの皆さんとのおしゃべりで癒され元気が出たことも何度もあります。

 そしてなんといっても研修医担当の事務の方と医局秘書さんがとても優しくいつも親切で、困ったときに何度も助けていただいています。個人的にはこれが苫小牧市立病院の最大の魅力なのではないかと思っています。見学に来ていただければ学生さんでも皆さん実感できると思うので、ぜひ一度見学に来てみてください!

・救急外来の体制
 救急外来に求めるものは人によって違うと思いますが、個人的に良かったと思うのが、当直には必ず2年目の先生と一緒に、上級医の先生と3人体制で入るという点です。この点について、私は学生時代あまり重視していなかったのですが、働いてみるととても重要だと感じました。はじめの頃の当直は右も左もわからない状況ですが、2年目の先生方が一から丁寧に教えて下さいますし、わからないことも質問しやすいです。また先輩たちの姿を見ていると自分の1年後の目標が具体的にイメージでき、モチベーションも上がりやすいと思います。私はまだまだ救急対応については自信がない点も多いですが、2年目の先生方のようになれるように頑張っていきたいと思っています。

道内、そして全国各地にはたくさんの病院があり、それぞれの良いところがあると思います。でも、私はこの病院で研修をすることができて本当に良かったと思っています。

 一度見学に来ていただければ、もっともっとこの病院の魅力をお伝えすることができると思いますので、ぜひ見学にいらしてください。お待ちしています!
 


平成29年12月
初期臨床研修医 齋藤 祐美花



 

お問い合わせ先

苫小牧市立病院
電話:0144-33-3131

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません