ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

MRI

脳硬塞、腫瘍などを描出できる拡散強調画像はじめ全身臓器の非造影血管撮影など非侵襲的な撮影が可能です。また冠動脈撮影、心機能解析など心臓に関する検査にも威力を発揮します。
MRI

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません