ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

フラットパネル透視撮影装置

X線管球のアームがないため撮影台周囲へのアプローチが容易であり、消化管検査、非血管系IVRや救急時の透視撮影などに有用です。広視野フラットパネルであるため高画質な画像が得られます。
フラットパネル透視撮影装置

本文ここまで

ここからサブメニュー

医療設備

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません