ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

平成31年1月ご意見分(2月回答)

苦情

1

ご意見・回答1
ご意見  みんなの市立病院、地震の所の文字が普通の文字ではなく年寄りには見ずらい。DMATの略を知りたい( )で良い。
回答  この度は貴重なご意見をありがとうございます。今後は、『みんなの市立病院』を読んでいただける皆様に読みやすい文字で記事を作成するように努めてまいります。ぜひ次号以降もご愛読いただければと思います。
 DMATは「災害急性期に活動できる機動性を持った トレーニングを受けた医療チーム」と定義されています。災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字をとってDMAT(ディーマット)と呼ばれています。

2

ご意見・回答2
ご意見  あいさつや言葉使い、態度が悪く、接遇が全くなっていません。どのような教育をしているのでしょうか。患者だけではなく家族への対応もなく声かけもありません。忙しいは理由にならないと思います。死を目の前にして不安な患者に冷たい態度やイライラした話し方で言われても信頼できませんし、否定的になるのもあたり前です。プロ意識が足りないのではないでしょうか。まだ若いある患者が「紙おむつになりますよ」と言われました。患者の尊厳を全くむししてます。自分が言われたら、家族が言われたらとか考えないのでしょうか。医療従事者というより人としてどうかと思います。
回答  ご不快な思いをさせてしまいましたことをお詫びいたします。
 御指摘頂いた内容について部署内で振り返り、注意、指導を行いました。
 今後も病棟全体で接遇改善に努めてまいります。

3

ご意見・回答3
ご意見  ディルームのテレビがとても見ずらい。明るい部屋で窓向きに設置してあるから晴れた日は役に立たない。
回答  ご意見をいただき、どうもありがとうございます。
 反射防止フィルムの使用、デイルームのブラインドの交換等を検討しましたが、現状では効果的な対策を実施できません。
 ご面倒をおかけしますが、テレビの向きを変える等のご対応をいただければと考えております。ご理解、ご協力をお願いいたします。

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません