ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

平成27年5月回答分

苦情

1

ご意見・回答1
ご意見

患者が間違えてカードを受付に入れてしまったらしく、通りかかった人(看護師?)に伝えると、言い方が上から目線で「受付に言って取ってください」とつきはなしていました。一言、受付にその人が声をかけてカード取ってあげれば何も問題なかったと思います。聞いていてすごくイライラしました。年がとっている人だと答えるのもかかわるのも嫌なんでしょうか?市立では良いことが一つもありません。

回答 ご不快な思いをおかけし、申し訳ございませんでした。個人の問題ではなく、外来として患者様に対する対応について再度、指導いたしました。患者様が、快く病院を受診していただけるよう努力してまいります。

ご意見・回答2
ご意見 CT検査を診察前に受けたが医師よりCT検査の結果を話されず、診察を終了。カルテを持ってきた看護師にそのこと(CT検査の結果)を尋ねると「大丈夫っていってましたよ」と言われた。普通、結果に異常がなくても患者に話すのではいでしょうか?すごく不快に思いました。
回答 ご意見ありがとうございます。診察時には複数の検査結果をもとに、総合的に説明しております。個々の検査項目でご不明な点がございましたら、診察時に遠慮なくご質問してください。

ご意見・回答3
ご意見 番号を呼ぶ看護師ですが、車椅子の付き添いできたのに、代わりに椅子に座るよう言われました。こういうことは初めてで、自分の都合で患者や付き添いがこの次の対応には、疑問を感じました。社会人としての見識を疑う態度はいい感じはしません。
回答

ご不快な思いをおかけし、大変申しわけありません。該当者に確認をいたしました。患者様の受付順番を重視してしまい、付き添いの方に椅子に座っていただいたようです。混雑時に気持ちに余裕が持てずに行ってしまったようです。業務改善を図り、患者様に信頼していただける対応を心がけてまいります。

ご意見・回答4
医師に関するご意見が寄せられました。診療内容や個人的なことに関する内容のため公開はいたしませんが、いただいたご意見は、該当の医師にお見せいたしました。貴重なご意見をもとに、今後の診療の参考とし、誠心誠意で温かみのある医療を提供してまいります。

要望

ご意見・回答5
ご意見     整形外科に入院中です。廊下の車イスのトイレが1つしかありません。ウォッシュレットのトイレはいつも混んでいます。部屋のトイレはせまくては入れません。変なトイレは使いたくない。使っている人もいないのでウォッシュレットのトイレにしてもらえないんでしょうか。
回答

貴重なご意見ありがとうございます。
ご意見内容の多目的トイレについては、車椅子患者用として設置しており、車椅子からトイレ器具への座り移りを容易にするものです。また、それにより車椅子利用者の転倒防止という観点もあります。
ご不便な思いをおかけしますが、以上のような趣旨があることをご理解の上、利用していただきますようよろしくお願いいたします。

ご意見・回答6
ご意見    私は外来に通院しているものですが、トイレのカバンかけが少し高く、私の様な身長150㎝位のものには背のびをしなければかけられません。いつももう少し低ければと思います。勝手ですみません。
回答

ご不便をおかけし申し訳ありませんでした。
トイレのカバンかけについては個室ブースの中からドアを開けた際に利用者がぶつからないように安全面を考慮し現在の高さで取付けております。
その趣旨をご理解し、現状にてご利用して頂きますようよろしくお願いいたします。

ご意見・回答7
ご意見     出張医さんが変わると聞いたので、せめて2、3年ぐらいは担当が変わらないで欲しいです。(せっかく安心してみてもらっているので)
回答

ご意見ありがとうございます。
出張医につきましては、大学等からの派遣により当院での診療に従事しております。派遣元の事情もあり担当出張医の固定は難しいのですが、安心して受診していただけるような診療体制を引き続き図ってまいりますので、ご理解願います。

その他

ご意見・回答8
ご意見     意見という程のものではないのですが、感想をお伝えしたいと思いました。先生は、はっきりと説明した上で治療を進めてくれており、スタッフの方々は親切丁寧で、治療のために本当に尽くしていただいています。ただ、気になる点もありました。看護師さんがとても忙しそうで、オーバーワークしていないか、人手が足りているのか心配です。そして違う職種のスタッフ、歯科と入院病棟の連携といいますか、情報の共有がより強化されてもいいのではないかと思いました。例えば、点滴や食事の変更の際、同じ内容のことを、3,4人のスタッフさんから繰り返し聞かされました。また6階で受けた点滴が外来で診察を待つ間に無くなってしまい困りました。スタッフ間で、「点滴が終わりそうだから、こういった対処(例えば診察時間をずらすとか、1階の看護師さんが患者に確認するとか)をしてほしい」とか「外来の待ち時間が長くなりそうだ」といった情報の交換、疎通があれば、より助かったかもしれません。あと、私たち患者側のマナーの問題ですが、公衆電話エリアで、ドアを閉じずに大声で携帯電話で長時間通話をする人がいたり、病室の中で、携帯電話で通話している人もいましたが、同じ時に、同室にいた看護師さんは何も注意していなかったので、そういうものなのかなと思いました。そして、見舞いの人が病室に来て、話し続けられると少し具合が悪くなります。私が直接、注意や不快な思いを伝えられたらいいのかもしれませんが、特に同室の人とはいさかいを起こしたくなく、もし病院全体のマナーや規則にふれることであるなら、病院スタッフの方に注意していただきたいものです。色々書いてしまいましたが、みなさまのおかげで快方に向かっています。とても行き届いた病院だと感じました。みなさまもどうか心身共にお元気で。
回答

複数のスタッフが同じ内容を説明したことと、外来受診中に点滴が無くなってしまった件については、スタッフ間の情報共有が不十分であり不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。
患者様に伝えた情報については、メンバーに「伝えた」ということを確実に伝達し、情報を共有するように気を付けていきたいと思います。
点滴につきましては、外来受診等に間に合うよう調整しておりますが、調整が不十分により不安に思われたことをお詫びいたします。外来受診に間に合うように点滴を調整・管理していくとともに、点滴の残量を確認し、受診時間を調整する配慮も必要であったと思います。
安静な療養環境については、病室内での携帯電話の使用や面会者との会話についても気を配り、患者様が落ち着いて療養できる環境を整えていきたいと思います。
貴重なご意見ありがとうございます。

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません