ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

平成24年3月回答分

苦情

1

ご意見・回答1
ご意見
  • 2年前兄を肺ガンで、最後を看取らない市立病院。
  • 娘、他の病院から転院検査が終り完治していないのに、元の病院に転院、酸素点滴を受けているのに、タクシー移動、救急車使用不可どうなっているのか解りません。納得出来ないです。
  • 日本の医療がおかしい。
  • どこの病院も同じなのか不安!
回答 ご不快な思いをさせ、申し訳ございません。
現在の医療制度では各医療機関の機能が細分化されており、患者さんの病状や治療内容により対応する医療機関を検討することとなります。
当院は地域の二次医療機関として専門的な治療や検査などに対応することが役割となっております。救急治療、専門治療が終了した患者さんについては、主治医が病状管理上問題ないと判断した場合に療養型病院への転院や退院を検討しております。転院先の病院へは事前に受け入れの確認を行い、ご家族にご連絡した上で転院を決定しております。
今後とも、転院や退院にあたっては患者さんが不安に感じないように丁寧に説明するよう心掛けてまいります。
また、患者さんの転院時の移動についてですが、当院は患者搬送用の車輌を保有しておりません。救急車は緊急性がある場合に利用するものであり、あらかじめ日時が決定している転院で、病状上の問題が無いと医師が判断した場合は、介護用タクシーでの移動をお願いしておりますので、ご理解ください。

2

ご意見・回答2
ご意見 助手の○○さんの言葉使いが失礼です。患者は友達ではない!!改めていただきたい。
あと、その方は胸を強調したいのでしょうか?男性うけは、いいかもしれませんが、ここは病院です。制服のサイズを替えたらどうでしょうか?他の助手さんは、優しくて感謝しています。
回答 ご不快な思いをさせ、申し訳ございません。今後とも看護師はもとより、看護助手に対しても、言葉づかいを含めた接遇について指導を継続するとともに、常に患者さんを尊重する気持ちを忘れないように再度指導してまいります。制服に関しましても、適正なサイズのものの着用を心がけてまいります。

3

ご意見・回答3
ご意見 おしぼりが、今のカタチじゃなくなるって聞いたんですが…本当ですか?温たかかったり、ぬれているタオルってエコーの為のジェルの後に使うのにはすごく、うれしかったんですが、どうしてやめちゃうんでしょう。紙タイプのおしぼりって使った事ありますが、その後すぐ服を着るのちょっと嫌で後でトイレでハンカチをぬらしてふいたりした事あります。ジェルのベタベタがまだついている気がして嫌なんです。あと服ぬいだりしてる時に冷たいタオル…夏はイイですケド冬はすごーく嫌です。多分女性は特にとっても気になると思うんですが…。
回答 ご心配をおかけし、申し訳ございません。超音波検査(エコー)などの後に患者さんの体に付着したジェルを拭き取るものについては、拭き残しの有無や、肌触りなどに配慮するほか、衛生面や価格などについても考慮して使用を決めておりますのでご理解ください。

4

ご意見・回答4
ご意見 ベットの移動をたのんだ。すごく感じが悪かった。
回答 ご不快な思いをおかけし、申し訳ございません。
今後とも接遇についての指導を継続し、患者さんが安心して入院生活を送れるような対応に心がけてまいります。

5

ご意見・回答5
ご意見 テレビが見づらくなった。横になったままだと暗くて見えない。
回答 ご不快な思いをおかけし、申し訳ございません。
テレビを含む床頭台は、平成23年10月から設置業者が変更となり、機器についても変更となっております。業者の選定の際には、安全性、衛生面、使い勝手、耐久性や利用価格などを総合的に考慮し採用しております。
テレビ画面は、上下左右の調整が可能となっておりますので、角度を調整してご利用くださいますようお願いいたします。

6

ご意見・回答6
ご意見 小児科にすばらしい名医がいるのに、なぜ異動になるのか、この病院の損失としか思えないです。何人もの患者の意見です。
回答 お褒めのお言葉をいただきありがとうございます。
多くの医師は大学の関連病院を異動するため、担当医師が短期間で変更となる場合がありますのでご理解ください。

7

ご意見・回答7
ご意見 一般患者が裏口(救急・夜間玄関)から出るのをみて、子供が調子悪いため私達もそこを通ろうとしたら、いきなり開かなくて、警備員さんもにらむような感じでこっちみて、無言でそうさする姿あり。とっても感じが悪くて子供が寒がってるにも関わらず、いじが悪いというか、とっても不愉快でした。
回答 ご不快な思いをさせ、申し訳ございません。
救急・夜間玄関は、防犯及び施設管理上の理由から、平日8時45分から17時15分までは、原則病院関係者や業者の方の通行に限らせていただいております。例外として、感染症の患者さんと一般患者さんとの接触を防ぐ措置として出入りをしていただく場合があります。本来は、警備員が親切に応対して、その旨を説明するべきであったことから、警備委託業者に指導を行い、改善策を文書で提出させました。今後、このようなことがないように引き続き指導してまいります。

8

ご意見・回答8
ご意見 「ベット上で使う大便器について」
「アッ!痛い!小さい!子供用だ!」と言うのがまず尻が感じた第1印象です。痛いので自然に手がそこへ行って少しでも身を探そうとしてよごさなくてもよい所を汚してしまう。
「要望」
少なくとも使用中のものより、ひとまわり大きなものが必要です。そして直接尻が当る所は、やわらかな素材を使って下さい。
回答 ご不快な思いおかけし、申し訳ございません。
使用したものは子供用ではなく、大人用です。サイズ違いはありませんが、便座のやわらかさは2種類あることから、そちらの使用も考えられ、配慮が不足しておりました。今後とも患者さんの立場に立った看護ができるよう、指導を継続してまいります。

要望

9

ご意見・回答9
ご意見 どうしても長期滞在になり、ストレスが溜まります。どこか1カ所でいいから、せまきてもいいので、喫煙室を作ってほしいです。ストレスが溜まると体の調子が悪くなると思います。
回答 怪我や病気を治療するだけではなく、病気を予防することも大切な使命であり、健康増進法における受動喫煙対策を率先して取組んでいますことから、趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

10

ご意見・回答10
ご意見 3階病棟は、他の階と違い、エレベータに行くのに片道廊下しか行けず、ちょっと不便かな。両方からエレベータに行けると便利かと思いました。
回答 ご不便をおかけし、申し訳ございません。
3階は病棟内の配置が他の階と異なり、中通路がございませんので、ご理解いただき、ご協力をお願いします。

11

ご意見・回答11
ご意見 シャワー室に足ふきマットが無いため、床がぬれてしまいますので、足ふきマットを設置してほしいです。
回答 ご不便をおかけし、申し訳ございません。
共用で使用される足ふきマットにつきましては、衛生面及び感染防止の観点から、用意しておりませんので、患者さんご自身でご用意ください。

お褒め

12

ご意見・回答12
ご意見 父が入院して大変お世話になりました。○○先生はじめ、病院職員のみなさんによくしてもらいました。どうもありがとうございました。
回答 お褒めの言葉、励ましの言葉をいただきありがとうございます。私どもにおいても、患者さんと日々元気に接することができるよう、自身の健康管理にも気を配っていきたいと思います。また、スタッフ間の連携、連絡を密にとり、患者さんに少しでも安心、快適な入院生活を送れるよう今後とも努力してまいります。

13

ご意見・回答13
ご意見 この度、弟が大変お世話になり、感謝申しあげます。日々通院して感じたこと、医療技術の進歩のおどろきと、先生方看護師さん達のいそがしさを真のあたりに見て、本当に命の大切さを痛感いたしました。自分は両親から授かったこの命を人のためにと思ってきております。(現在78才)家族5名を看護し、最后をみとり、自分としては悔いはありません。いつこの命どうなるかわかりませんが、大勢の患者のために、皆様のご健康を願っております。(娘も看護師をしています)
回答 温かい励ましの言葉をいただきありがとうございます。今後とも、患者さんが安心して入院生活を送ることができるよう努力してまいります。

14

ご意見・回答14
ご意見 整形外科の先生、看護師さんには私は昨年4月そして今年3月に手術してもらったものですが、2回共先生及び看護師さんに大変御世話になりありがとうございました。仕事とはいえ大変忙しい仕事ぶりで、中には小柄ながらフルパワーで重労働されてくたびれている人もいました…!!少し気を抜いてもいいのではないでしょうか(○さん)又、笑顔で大きな声で老人への対応で病棟を明るくしている方(□さん)病院での短時間の入院でしたが、とても心が癒された日々でありがとうございました。(又若い人より元気をもらいました)病院内ではいろいろなトラブルが有ると思いますが、職員の全員のコミュニケーションと常に話し合いをして、皆様の英知ですばらしい病院に成る事を願っています。(特に先生及び看護師さんの意見をとりあげて)
回答 お褒めの言葉、励ましの言葉をいただきありがとうございます。患者さんと日々元気に接することができるよう、自身の健康管理にも気を配っていきたいと思います。また、スタッフ間の連携、連絡を密にとり、患者さんに少しでも安心、快適な入院生活を送れるよう今後とも努力してまいります。

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません