ここからメインメニュー

メインメニューここまで

展覧会案内

ここから本文です。

現在位置

中庭展示Vol.8 上ノ大作「CLOUD(クラウド)」

pdf(845.55 KB)

 中庭展示―
Court Installation―」は、当館の中庭展示スペースにおいて、その空間を活用した作品を個展形式により紹介するシリーズ企画です。第8回目となる今回は、北広島市を拠点に活動を展開する陶芸家・彫刻家の上ノ大作(1970- )のインスタレーションを紹介します。学生時代は苫小牧工業高等専門学校に通うなど、苫小牧市にもゆかりのある上ノは、土を素材とする陶芸作品をはじめ、木や竹など自然に由来する素材を用いたインスタレーション等、一貫して素朴な味わいを感じさせる造形世界を展開し続け、高い注目を集めています。

 「CLOUD」をコンセプトとする本展は、竹という素材のしなやかなテンション(張力)を利用しながら接合し、それらを展示空間に構成していく試みとなります。雲や繭を想起させるそのフォルムは、「CLOUD」すなわち「雲」、「かたまり」、「大群」そしてWeb上の「クラウド」などのイメージに由来するものですが、上ノ自身が語るように、そこには「モヤモヤしていたりフワッとした雲をもつかむようなイメージ」が投影されています。やわらかな曲線の組み合わせによって構築されたフォルムは、それ自体が自立した個性を持つ生命体のようにも映り、そのユーモラスなたたずまいは、見る者それぞれの想像力を喚起する場となり、空に浮かぶ雲のように豊かなイメージの世界へと誘ってくれることでしょう。



 


展覧会情報:
主催:苫小牧市美術博物館 
会期:2016年9月17日(土)-12月25日(日)
開館時間:9:30-17:00  ※入場は16:30まで
休館日:月曜日  ※ただし、9/19(月・祝)、10/19(月・祝)は開館し、その翌日が休館日

観覧料:
一般 300(240)円 高校・大学生 200(140)円 中学生以下無料
※ ( )内は10名以上の団体料金 
※小中学生以下はいずれの期間も無料 
※ 免除規定がありますのでお問合せください 
※ 年間観覧券でもご覧いただけます 
※ 常設展及び同時期開催の企画展も併せて観覧できます 
※ 11月3日(木・祝)は無料でご覧いただけます

 


関連イベント:
ワークショップ「竹を使って“雲”をつくろう」
竹を使って思い思いの形の“雲”を制作します。
2016年11月12日(土)14:00~15:30
講師:上ノ大作氏(陶芸家・彫刻家)

対象:小学生3年生以上 25名
料金:50円(保険料)
申込:電話受付(0144-35-2550)
※ 受付期間:2016年11月1日(火)~11月11日(金)


 


作家プロフィール:
 

上ノ大作  UENO Daisaku

1970年 北海道札幌市生まれ

2003年 北海道北広島市に工房、穴窯(薪窯)を作る

2007年 「上ノ大作 作品展」(ギャラリー大通美術館/札幌)

2009年 「上ノ大作 作品展」(GALLERY 門馬 ANNEX/札幌)

2010年 「上ノ大作 作品展」(北のレンガギャラリー/帯広)

     「陶 = 表現」(GALLERY 門馬 ANNEX/札幌)

     「試みの茶事EZO茶会」

           (GALLERY 門馬 ANNEX、ギャラリー創、CAI02/いずれも札幌)

2011年 「ムノウノ人」(GALLERY 門馬 ANNEX/札幌)

2012年 「ムノウノ人-2」(関口雄揮記念美術館 前庭/札幌)

2013年 「ムノウノ人-3」(法然院講堂/札幌)

     「森ノ生活」(黒い森美術館/北広島)

2014年 「防風林アートプロジェクト2013-14」(帯広)

     「森ノ生活」(ギャラリー マロニエ/北広島)

     「Sprouting Garden -萌ゆる森-」(札幌芸術の森美術館/札幌)

2015年 「Our Art working 2015」(Uptown Art Center/シカゴ、アメリカ)

     「マイナスアート展」(旧ホテルみのや/帯広)

     「上ノ大作 器展」(GALLERY 門馬 ANNEX/札幌)

2016年 「上ノ大作 陶展」(画廊 ぐれごりお/京都)         




 

Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

苫小牧市美術博物館
電話:0144-35-2550
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

過去の展覧会

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません