ここからメインメニュー

メインメニューここまで

展覧会案内

ここから本文です。

現在位置

企画展「宮沢賢治の世界をアートする2014」(2014年5月3日~6月29日)

宮沢賢治は生涯で3度、北海道を訪れています。最初は17歳の時に自身の修学旅行で、2度目は花巻農学校教諭として、生徒の就職斡旋を目的に樺太の王子製紙への途上で。3度目が、1924(大正13)年、花巻農学校の修学旅行を率いた28歳の旅でした。
この時、賢治は近代化の階段を駆け上がる大正末期の苫小牧を訪れ、『春と修羅 第2集』所収の詩「牛」を創作しました。
本展では、賢治の来苫90周年を記念して、宮沢賢治をテーマにイチイや檜の木目を生かした温もりのある木版画をつくり続ける、函館在住の佐藤国男 氏の作品を中心に関連資料約50点を展示いたします。アート作品としての賢治の世界を楽しんでいただくと同時に珠玉の賢治作品の持つ深みを感じていただければ幸いです。
pdf(1.76 MB)
(画像をクリックすると、詳細をご覧になれます)
 

開催内容 

会期:2014(平成)年5月3日~6月29日(日)  
休館日:5月7日(水)、毎週月曜日
開館時間:午前9時30分~午後5時
主催:苫小牧市美術博物館 
共催:北海道立文学館、宮沢賢治ワールド in 苫小牧2014
協力:苫小牧港開発株式会社
※同時開催:企画展:美沢川流域の遺跡群~美々・美沢~

観覧料

一般:300(240)円/高大生:200(140)円/小中学生:無料
※( )内は10名様以上の団体料金
※観覧料の免除規定がございますのでご相談ください。
※年間観覧券(一般:900円、大・高生:600円)でご覧になれます。
※企画展観覧券で博物館常設展示もあわせてご覧になれます。
※5月5日(月・祝)の観覧は無料です。
 

関連行事

佐藤国男ギャラリートーク
日時:2014(平成26)年6月1日(日) ①11時~ ②14時~
会場:苫小牧市美術博物館 研修室・第1展示室
※要入館料
 

サテライト展のお知らせ

現在、苫小牧西港フェリーターミナルにて、同展のサテライト展を行なっています。
また、こちらでは、ポストカードなどの販売を行なっています。
くわしくは、こちらをご覧ください。(苫小牧西港フェリーターミナルのページへリンクします。)
展示期間:平成26年5月3日(土)~平成26年6月29日(日)
展示場所:苫小牧西港フェリーターミナル 2Fウォールギャラリー(1号歩道橋側)


☆詳細は随時更新します。
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

ここからサブメニュー

過去の展覧会

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません