ここからメインメニュー

メインメニューここまで

展覧会案内

ここから本文です。

現在位置

【開催中】企画展「藤沢レオ -Still Living」 2018年10月6日~12月2日



   苫小牧市樽前地区を拠点に活動を展開する藤沢レオ(1974- )は、日常に潜在する繊細な感情、そして自然の摂理などを視覚的に抽出する独自の表現によって評価を得ている金属工芸家・彫刻家です。藤沢の苫小牧市文化奨励賞受賞およびNPO法人樽前artyプラスとしての北海道文化奨励賞受賞を記念し開催する本展では、2014年以降、藤沢が追求しているテーマである「場の彫刻」のシリーズを軸に一連のインスタレーションを紹介します。そこにおいて繰り返し登場するモティーフである“柱”は、場の変容ないし発生を促す起点として位置づけられます。その建立を「人類の祖先がはじめて大地に棒切れを建てた瞬間の輝かしさ」の象徴として解釈する藤沢は、“柱”を建てるという行為により世界を切り開いた精神が、やがて本能として浸透し普遍化していく過程について「現世界が拡張していく物語」として捉え、それを本展の通奏低音を成すコンセプトとして規定しています。
 本展で展示される一連の作品群は、それぞれの空間と「物語」が呼応するものであり、光の演出や音響と融合しながら独自の作品世界を築きあげていきます。見る者がそこへ能動的かつ受動的に参加し、一体となって思考することで成立する本展は、めまぐるしく移り変わる世界において私たち人類がいかにして生きるべきなのかという根源的な問いを内包するものであり、果たして現代人や現代社会のありようについて再考を促す契機となるでしょう。


主催:苫小牧市美術博物館
共催:公益財団法人北海道文化財団
協力:NPO法人樽前artyプラス、株式会社ヨシダ、鴻野建設株式会社、株式会社山脇建築構造設計
後援:北海道、苫小牧信用金庫、北海道新聞苫小牧支社、株式会社苫小牧民報社、株式会社三星、北海道新幹線× nittan 地域戦略会議

会期:2018年10月6日(土)- 12月2日(日)
開館時間:9:30〜17:00(入場は16:30まで)※10月13日(土)は20:00まで
休館日 :月曜日 ※10月8日(月)は開館、10月9日(火)は休館
会 場:苫小牧市美術博物館(苫小牧市末広町3丁目9番7号)

観覧料:一般300(240)円、高大生200(140)円、中学生以下無料
 ※( )内は10名以上の団体料金  ※免除規定がありますのでお問い合わせください。 ※年間観覧券でもご覧いただけます。 ※博物館常設展もご覧いただけます。


pdf(866.06 KB)
(画像をクリックすると、チラシのPDFが表示されます。)

 

藤沢レオ Leo Fujisawa

1974年虻田町(現洞爺湖町)生まれ、苫小牧市在住。鉄や木、繊維などを素材に、工芸、彫刻、インスタレーション、舞台美術等ジャンルを横断しつつも、一貫して自身の死生観や価値観をテーマにした彫刻作品をはじめ、日常に隠れた重要な要素を視覚化する作品を制作。近年は生存や場、個人に関する思索を作品化している。アートを媒体として社会との積極的な関わりを続ける「NPO法人樽前artyプラス」の理事もつとめ、樽前地区における美術展やワークショップもおこなっている。工房LEO主宰。

【参考作品】


《場の彫刻Ⅰ》2014 札幌芸術の森/《不在の存在Ⅳ》2015 モエレ沼公園 photo by Yoshisato Komaki 小牧寿里

 

関連イベント


(1)苫小牧市美術博物館サテライト現代アート展「Port Collective:集積するイメージ」(終了しました)

本展を紹介する先行展示をはじめ、当館で過去に開催した現代アート展のなかから、「苫小牧」をテーマに制作された作品、そして中庭や常設展示室など建築空間に合わせて展開したインスタレーション及び映像作品を展示・上映します。これにより、「港湾」と「空港」という2つの「Port/港」を有する都市に位置する当館に“集積”してきた作品を紹介します。

主催:苫小牧市美術博物館、北海道教育大学岩見沢校
出品作家:大島慶太郎、大森記詩、佐竹真紀、中坪淳彦、坂東史樹、藤沢レオ、艾沢詳子×千歳科学技術大学ライトアート工房
会期:2018年9月21日(金)- 9月23日(日)
時間:12:00-20:00
会場:北海道教育大学アーツ&スポーツ文化複合施設 Hue Universal Gallery[HUG]
  (札幌市中央区北1条東2丁目4 札幌軟石蔵)
観覧料:無料

・関連トーク「イメージの引用と再構築―アートとサブカルチャーのはざまで」(終了しました)

日時:2018年9月23日(日)14:00-15:30
講師:伊藤隆介(映像作家・美術家/北海道教育大学岩見沢校教授)、
   大森記詩(美術家/東京藝術大学研究助手)ほか
場所:北海道教育大学アーツ&スポーツ文化複合施設 Hue Universal Gallery[HUG]
料金:無料
申込:不要 ※直接、会場へお集まりください。


(2)アーティストトーク

日時:2018年10月6日(土)11:00-11:45
場所:当館 企画展示室
講師:藤沢レオ(金属工芸家・彫刻家)
料金:無料 ※ただし、当日有効の観覧券が必要です
申込:不要 ※直接会場へお集まりください


(3)藤沢レオを囲む夜の“社交会”(カルチャーナイトプログラム)

本展出品作家、藤沢レオの展示解説及び音響作家・中坪淳彦による即興演奏付の夜の交流会。

日時:2018年10月13日(土)18:30-19:30
場所:当館 企画展示室ほか
講師:藤沢レオ(金属工芸家・彫刻家)、中坪淳彦(音響作家)
料金:無料 ※ただし、当日有効の観覧券が必要です
申込:不要 ※直接会場へお集まりください


(4)レクチャー&ワークショップ 500万年後の私「鉄たたけます」

初めて道具を手にした人類の祖先に思いを馳せながら、金づちをもって、鉄をたたいて、ねじって、オリジナルキーホルダーを作ります。

日時:2018年11月3日(土・祝)①10:00-11:30、②13:00-14:30
場所:当館ガレージほか
講師:藤沢レオ(金属工芸家・彫刻家)
料金:500円(材料費+保険料)
対象:一般(小学3年生以上)
定員:各回10名
申込:電話(0144-35-2550)※定員になり次第締切り
受付期間:2018年10月10日-11月2日

※イベント内容は予告なく変更になる可能性があります。詳細は決まり次第、随時更新いたします。
 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

苫小牧市美術博物館
電話:0144-35-2550
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません