ここからメインメニュー

メインメニューここまで

展覧会案内

ここから本文です。

現在位置

【開催中】企画展「八王子千人同心と蝦夷地」(2020年10月10日~12月13日)




八王子千人同心は、蝦夷地の防衛と開拓のために、寛政12(1800)年に武蔵国八王子(現在の東京都八王子市)から蝦夷地へ渡りました。隊長の千人頭原半左衛門とその弟原新介は同心子弟100人を率い、半左衛門は50人を引き連れてシラヌカ(白糠)へ、新介はユウフツ(勇払)に入り、警備、開墾などに従事しましたが、病人や死者が続出したため移住4年目に解散します。

本展は、今年で八王子千人同心がユウフツにやってきて220年を迎えることから、江戸時代における八王子千人同心の蝦夷地での事績をあらためて紹介します。ユウフツでの移住が試みられた第一次幕領期(19世紀初頭)とともに、道南地域へ移住した第2次幕領期(19世紀中期)における千人同心の歴史についても関連資料からふりかえります。
特に、近年釧路市で発見された「原胤敦奉納鰐口(はらたねあつほうのうわにぐち」は、千人同心の蝦夷地での足跡を知るうえでとても貴重な資料であり、本邦初公開となります。
 

開催概要


期  間:2020年10月10日(土)~12月13日(日)
会  場:企画展示室 第2・3展示室
開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
休 館 日 :月曜日(ただし11月23日は開館し、翌日休館)
観 覧 料 :一般300(240)円、高大生200(140)円、中学生以下無料

※( )内は10名以上の料金です。
※免除規定がありますのでお問い合わせください。
※年間観覧券でもご覧いただけます。
※あわせて常設展示、同時開催中の企画展および中庭展示も観覧できます。
※11月3日(火・祝)は無料観覧日(ただし、イベント等は実施しません)

主催:苫小牧市美術博物館
後援:苫小牧信用金庫、北海道新聞苫小牧支社、株式会社苫小牧民報社、株式会社三星
協力:七飯町歴史館、函館市中央図書館、八王子市郷土資料館、八王子千人同心旧交会、北海道大学附属図書館、無量山自然院大成寺、門別本町連合町内会稲荷神社維持委員会

pdf(6.80 MB)pdf(4.02 MB)
(画像をクリックするとチラシのPDFが開きます)
 

関連行事


※新型コロナウィルス感染拡大状況により、延期・中止となる場合がございます。ご了承ください。

●展示解説会

内容:企画展「八王子千人同心と蝦夷地」を担当学芸員が解説します。
※展示室への入場はありません

日時:10月25日(日) 10:00〜10:40、14:00~14:40
   11月 8日(日)  10:00〜10:40、14:00~14:40
   12月13日(日) 10:00〜10:40、14:00~14:40

対象:一般
料金:無料
定員/25名
申込:不要※直接会場へお集まりください


●ミュージアムラボ「蚕のまゆから糸を取ってみよう」

内容:姉妹都市である八王子市が養蚕・織物業でさかんな「桑都」であることにちなみ、
        蚕の繭から糸を取りだす体験をします。

日時:11月7日(土)13:00~15:00
対象:小学4年生以上(小学生3年生以下は保護者同伴)
定員:20名(先着順)
料金:無料
申込:10月6日(火)から電話受付


●甲冑ストラップをつくろう

内容:甲冑のミニチュアストラップを作る工作教室

講師:細川正直氏(元苫小牧市科学センター館長)
日時:11月23日(月・祝)13:00~15:00
対象:小学5年生以上
料金:無料
定員:20名(先着順)
申込:10月23日(金)から電話受付


●古文書解読講座中級編(全2回)

内容:八王子千人同心に関する古文書を読みます。

日時:12月5日(土)、12月6日(日)13:30~15:30
対象:高校生~一般
料金:無料
持ち物:筆記用具
定員:30名
申込:11月10日(火)から電話受付
 

同時開催


企画展「紙とアート:吉田傑のダンボールといきもの
会期:2020年10月10日(土)~12月13日(日)
会場:企画展示室 第1展示室

中庭展示 Vol.15 磯崎道佳「世界には塵ひとつない
会期:2020年10月10日(土)~12月13日(日)
会場:中庭展示スペース


 
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

苫小牧市美術博物館
電話:0144-35-2550
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません