ここからメインメニュー

メインメニューここまで

行事案内

ここから本文です。

現在位置

2020(令和2)年度 美術博物館大学講座

 令和2年度美術博物館大学講座の受講生を募集します

苫小牧市美術博物館大学講座では、自然、歴史、考古、芸術に関する多彩な講師を迎え、月1回土曜日、年9回にわたる講演会を通じて、苫小牧や北海道について広く学びます。

定 員  100名 (応募者多数の場合は市内在住者が優先となる場合があります)
受講料  年間1,300円 
募集期間 2020年4月1日(水)~5月1日(金)
お申し込み方法・期間    往復はがきもしくはホームページより
  
 ●往復はがきの場合
往信用裏面に ①住所 ②氏名(ふりがな) ③年齢 ④電話番号 ⑤本講座の卒業回数(○回、または初)を記入し、返信用表面に ①郵便番号 ②住所 ③氏名を記入してください。
   
※記載例
      pdf(32.21 KB)
   (↑画像をクリックしてください。PDFファイルにて詳細情報をご確認いただけます。)
  
    ●ホームページの場合
      こちらのフォームからお申込ください。
      お申込期間は、4月1日(水)~5月1日(金)になります。
     

注)申込フォームからのお申込の場合、ご連絡は郵送ではなく、メールまたは FAX で行ないます。また、ご連絡のメールが迷惑メールフォルダに入ってしまう場合がありますので、ご注意ください。

※結果および詳細は5月中旬頃にお申込みいただいた皆様にご連絡いたします。
※本講座は、道民カレッジ ほっかいどう学コースの指定講座です。

 講座の内容

 
各回 14:00~15:30
(6月6日は13:30~13:55に入学式を開催します。)

※第1講~第3講は中止します。 
実施日 演 題 講 師
6月6日 入学式・
「千島アイヌから見た日露交流史」
国立アイヌ民族博物館
研究員 鈴木 建治
7月11日 「公文書館資料に見る、実現しなかった4つの‟札幌オリンピック‟」 札幌市公文書館 前館長 高井 俊哉
8月22日 「北海道の木彫り熊」 八雲町郷土資料館・木彫り熊資料館 学芸員 大谷 茂之
9月12日 「ロボットと大衆文化」 北海道教育大学岩見沢校
教授 伊藤 隆介
10月24日 「北海道独自のアート表現を求めて」 札幌文化芸術交流センター
SCARTS プログラムディレクター
吉崎 元章
11月28日 「幕末のユウフツ」 当館 学芸員 佐藤 麻莉
12月12日 「北海道の女性史~王子主婦連の活動を通して~」 札幌女性史研究会 会員 岸 伸子
1月16日 「タンチョウってどんな鳥?~市民で見守る絶滅危惧種~」 (公財)日本野鳥の会保全プロジェクト推進室保護区グループレンジャー
瀧本 宏昭
2月27日 卒業式・
「大地の成り立ちが語る生物の共通点~北海道と南方の島(隠岐・三宅島)」
当館 主任学芸員 江崎 逸郎

Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

苫小牧市美術博物館
電話:0144-35-2550
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません