ここからメインメニュー

メインメニューここまで

行事案内

ここから本文です。

現在位置

2017年度の行事予定

2017年度の行事予定一覧です。
学芸員の出前講座、講師派遣および学校職場体験、学芸員実習については
ご利用案内のページをご覧ください。

通年プログラム(大学講座・博物クラブ)
年間を通じて展開する講演会・プログラムです。
体験プログラム(美術博物館祭、無料観覧日イベント、ミュージアムラボ、見学会・観察会など)
各種イベント、見学会・観察会、制作・体験などを通して学ぶプログラムです。
学校連携プログラム(郷土学習、美術鑑賞教育、サイエンスカフェ、教員のための博物館の日)
学校向け・先生向けのプログラムです。

通年プログラム(大学講座・博物クラブ)

美術博物館大学講座 (道民カレッジ連携講座※日程など、詳細はこちら。
年間9講座
郷土の自然や歴史、文化芸術についての関心と探究心が益々高まりを
見せています。本講座は、そうした、市民の知識欲に応じるとともに郷土苫
小牧について学び、より深く理解することを目的としています。

博物クラブ ※日程など、詳細はこちら。
対象:小学3年生~中学生
年間を通して、郷土の自然や歴史・昔の人の暮らしについて学びます。

こども広報部 びとこま(協力;樽前arty+) ※日程など、詳細はこちら。
展覧会や作家を取材し、広報誌「びとこま」を制作する体験をします。
対象:小学3年生~中学生

古文書解読講座 年5回
古文書の解読の方法を学ぶ講座です。(初心者~中級向けのプログラムです)
 

体験プログラム
(美術博物館祭、無料観覧日イベント、ミュージアムラボなど)

無料観覧日 5/5(金) 11/3(金)
「こどもの日」「文化の日」の無料観覧日に併せて、様々なイベントを実施します。

美術博物館祭
美術博物館の様々な展示をより楽しんでいただくイベントを実施します。
実施期間:7月28日(金)~30日(日)

ミュージアムラボ
自然、歴史、考古、芸術に関係する様々な行事を行います。
 
実施日 実施タイトル
4月29日(土) ひらいてみよう!恐竜の玉手箱
講師 大島光春氏
(神奈川県立生命の星・地球博物館主任学芸員)
10月下旬  切り紙教室
12月中旬・1月中旬 冬の文化公園で写真をとろう
1月06日(土) 羊毛マスコットのライチョウをつくろう
2月18日(土) 絵画鑑賞会(共催:苫小牧市美術館友の会)
3月03日(土)  謄写版を体験

見学会・観察会
バスでの巡検や屋外の散策を行ない、地域の自然や歴史、文化を学びます。
実施日 行事タイトル
7月16日(日) 自然観察会「化石採集会@夕張」
10月14日(土) 歴史見学会「王子製紙の100年建築鑑賞会」
5月13日(土)・
6月18日(日)
ご近所探検!植物探し~2017年フラワーソンに参加しよう~

学校連携プログラム
(郷土学習、美術鑑賞教育、サイエンスカフェ、教員のための博物館の日) 

郷土学習
苫小牧市内3,4年生を対象に、学校と連携し、地域の歴史を学ぶ学習を行います。
実施期間:9月~12月(詳細に関しましては、各小中学校にご連絡いたします)

美術鑑賞教育
学芸員と一緒に、絵画などの鑑賞を行います。
実施期間:11月~12月(各小中学校にご連絡いたします)

サイエンスカフェ@苫小牧
若手研究者をプレゼンターに、科学の面白さを学びます。
 
実施日 タイトル・講師
5月14日(日) 恐竜学最前線:超肉食ティラノサウルス
プレゼンター 小林 快次氏(北海道大学総合博物館 准教授)
6月24日(土)  おどろきの生き物はここ北海道にいた
~エゾサンショウウオとエゾアカアカガエルのすごい生き方~
プレゼンター 岸田 治氏(北海道大学苫小牧研究林 准教授)
7月29日(土) 子どもサイエンスカフェ
教員のための博物館の日(共催 国立科学博物館)
学校の先生方を対象に、授業で博物館や美術館を活用するためのヒントを提供するための事業です。
実施日:8月9日(水)

お問い合わせ

苫小牧市美術博物館
電話:0144-35-2550
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません