苫小牧市を「明るく豊かで住みよいまち」にするために

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

第15回定例会(平成26年6月開催)

一般会計総額で7億8,850万1千円の補正予算を可決

「苫小牧市税条例の一部改正」なども可決成立

第15回市議会定例会は6月5日(木)から6月13日(金)まで開かれ、議案13件、報告8件、陳情3件、諮問1件、推薦1件、動議1件、要望意見書6件などの審議が行われました。

一般質問では6会派19人の議員により、カジノを含めた統合型リゾート施設(IR)、苫小牧駒澤大学、ごみステーション、駅前商業ビルegao、買い物弱者対策などについて質問があり、議論が行われました。

また、各常任委員会・特別委員会では陳情の審査のほか、サイクリングターミナルの今後の方向性、子ども・子育て支援新制度事業計画の進捗状況、苫小牧市図書館基本計画、苫小牧市公園施設長寿命化計画、定住自立圏構想、災害時協定締結など質疑が行われました。

今定例会で審議された主な内容と結果は次のとおりです。

報告

寄付金等を基金に積み立てる費用として増額補正する平成25年度一般会計補正予算(第9回)、地方税法施行令の改正に伴う苫小牧市税条例の一部改正についての専決処分を報告し、承認されました。

また、平成25年度苫小牧市一般会計予算に係る繰越明許費の繰越し、市営住宅の明渡しと滞納家賃の支払いを求める訴えの提起、市有自動車の物損事故に係る損害賠償の額の決定、出資法人などの経営状況が報告されました。

そのほか、厚生委員会に本定例会で付託された陳情1件の審査結果が報告どおり決定され、さらに、議員から提出の懲罰動議が付託された懲罰特別委員会の審査結果は賛成多数で報告どおり決定されました。

議案

平成26年度補正予算等

マイナンバー制度導入に伴う基幹業務システム事業費1億7,121万5千円、まちなか交流センター内の備品整備に伴うまちなか再生総合プロジェクト事業費1,000万円、総合体育館トイレの改修に伴う体育館設備整備費1,500万円、国の通知に基づき子宮頸がん及び乳がん検診の受診勧奨と検診費助成を行うがん検診推進事業費2,981万2千円、IT関連人材育成などの事業実施に伴う緊急雇用創出事業費5,845万8千円、国の交付金を活用して道路整備などを行うがんばる地域交付金事業費4億円など総額7億8,275万1千円の増額及び新規に指定管理者を導入する2施設の債務負担行為の追加について、原案どおり可決されました。

また、関連議案として、まちなか交流センター及び新ときわスケートセンターの「指定管理者の指定」についても原案どおり可決されました。

さらに、駅前商業ビルegaoに入居するテナントの移転に伴う中心市街地活性化事業費575万円の増額について、原案どおり可決されました。
 

条例の制定及び一部改正

陸上競技場の設置に伴う「苫小牧市緑ケ丘公園陸上競技場条例」の制定について、地方税法の改正に伴う「苫小牧市税条例」、高齢者福祉センターに指定管理者を導入する場合の業務範囲及び管理基準の整備に伴う「苫小牧市教育・福祉センター条例」、消防法施行令の改正に伴う「苫小牧市火災予防条例」の一部改正について、原案どおり可決されました。
 

契約の締結ほか

地方自治法及び条例の規定による一般競争入札で、苫小牧市消防庁舎新築工事3件総額11億9,880万円の請負契約の締結について原案どおり可決されました。

また、字沼ノ端と字植苗の一部で新たに町の区域を画する「町の区域の画定について」、異議のない旨意見を述べる「公有水面の埋立てに係る意見」について、原案どおり可決されました。

諮問

任期満了に伴う人権擁護委員候補者の推薦について、引き続き鶴巻安子氏を推薦することに同意しました。

推薦

任期満了に伴う議会推薦の農業委員会委員について、引き続き山内幸子氏、北岸由利子議員、松井雅宏議員を推薦しました。

陳情

今議会に提出された案件(カッコ内は付託された委員会)

採択

  • ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める要望意見書提出に関する陳情(厚生委員会)

継続審査

  • 国の集団的自衛権行使容認に関する要望意見書提出を求める陳情(総務委員会)
  • エネルギー基本計画の撤回に関する要望意見書提出を求める陳情(総務委員会)

動議

議員から田村雄二議員に懲罰を科すことを求める懲罰動議が提出され、懲罰特別委員会を設置して審査した結果、賛成多数で本会議場における陳謝の懲罰を科すことに決定しました。

意見書

「ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める要望意見書」ほか4件が原案どおり可決され、関係機関に提出されました。

なお、「憲法解釈の変更による集団的自衛権行使容認を行わないことを求める要望意見書」は賛成少数で否決されました。

お問い合わせ

議会事務局
電話:0144-32-6785
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません