苫小牧市を「明るく豊かで住みよいまち」にするために

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

第8回定例会(平成24年12月開催)

緊急雇用対策事業などの補正予算案及び苫小牧市議会議員定数条例の一部改正が可決成立

第8回市議会定例会は12月6日(木)から12月14日(金)まで開かれ、議案18件、報告12件、陳情6件、要望意見書5件などの審議が行われました。

一般質問では5会派19人と無所属2人の議員により、新年度予算編成、市民参加条例、通学路の安全対策、学校耐震整備、はなぞの幼稚園の存廃、中央図書館の指定管理などについて議論されました。

各常任委員会・特別委員会では陳情の審査のほか、市立病院の漏水事故、日新団地建替事業の暖房方式、中央図書館への指定管理者制度導入、苫小牧港東港区のガントリークレーン事故、地区別津波避難計画策定状況などについて質疑が行われました。
今定例会で審議された主な内容と結果は次のとおりです。

報告

閉会中の決算審査特別委員会に付託された平成23年度一般会計及び企業会計・特別会計の決算審査結果が報告され、全会一致で報告どおり決定されました。また、市営バスの事故に係る損害賠償の支払いに要する費用と衆議院議員総選挙等に係る費用を増額補正する平成24年度一般会計補正予算(第5回、第6回)の専決処分、市道における人身及び物損事故と市営バスの人身事故に係る2件の損害賠償額の決定の専決処分の報告が承認されました。

さらに、市営住宅の明け渡しと滞納家賃の支払いを求める訴えの提起、市有自動車の物損事故、消火活動における物損事故、沼ノ端スケートセンター内の負傷事故に伴う3件の損害賠償額の決定の専決処分が報告されました。

このほか、総務委員会及び厚生委員会に付託された陳情5件の審査結果の報告が行われました。

選挙

平成24年12月21日をもって任期満了となる苫小牧市選挙管理委員4人及び補充員4人の後任者の選挙が行われ、委員に岡田秀樹氏、三浦希嘉氏、大森美智子氏、小松靖孝氏、補充員に大坪弘之氏、大谷和広氏、志方晴樹氏、工藤ゑり子氏が議長の指名推選で当選されました。任期は4年です。

議案

苫小牧市固定資産評価員の選任

評価員の辞職に伴う苫小牧市固定資産評価員の選任について、新たに飯田伸一氏を選任することに同意しました。

平成24年度補正予算等

一般会計では、住居表示板などの調査及び更新、道路清掃、雪氷除去作業などの市単独の緊急雇用対策事業費4,000万円、北海道の補助金による児童虐待防止及びDV被害者保護活動事業費108万6千円、四種混合ワクチンへの制度改正に伴う予防接種経費1,053万3千円、小糸魚川と小泉の沢川の護岸改良工事費5,000万円、遊具や外柵などの公園整備費5,000万円、再編交付金を活用した中央図書館の蔵書整備費768万円、緑ヶ丘公園陸上競技場改修に伴う実施設計費800万円など総額3億9,901万4千円の増額と指定管理費4件、戸籍管理システム更新事業や家庭ごみ有料化に伴う指定ごみ袋等流通管理の業務委託などの債務負担行為補正の追加が原案どおり可決されました。

また、関連議案で、市民会館は北海道クリーン開発・北海道共立コンソーシアムへ公募による4年間、ふるさと農園は長岡造園(株)へ公募による2年間、ときわスケートセンターは北海道ビル綜合管理(株)へ非公募による1年7ヵ月間、屋内ゲートボール場は(株)苫小牧エージェンシーへ公募による4年間の指定管理者の指定が原案どおり可決されました。

あわせて、ウトナイ交流センターの(株)植苗・美沢プロジェクトへ非公募による4年間の指定管理者の指定についても、原案どおり可決されました。

国民健康保険事業特別会計補正予算では、特定健康診査の目標数値の変更に伴う4,126万7千円の減額が原案どおり可決されました。

水道事業会計補正予算では、柳町地区の配水管新設工事及び樽前地区の配水管改良工事に要する経費として1億500万円の増額と、止水栓閉開栓業務の債務負担行為補正の追加について原案どおり可決されました。

下水道事業会計補正予算では、明徳地区はじめ9地区に雨水管と汚水管の新設及び改良を行う下水道築造工事に要する経費1億円の増額と、西町下水処理センター維持管理等業務の債務負担行為補正の追加について原案どおり可決されました。

市立病院事業会計補正予算では、医師不足に伴う報酬等の経費として1億2,935万3千円の増額と、放射線画像システム賃貸借の債務負担行為補正の追加について原案どおり可決されました。

条例の制定及び一部改正

地域主権一括法により、公営住宅法の改正に伴う「苫小牧市営住宅等の整備基準に関する条例」、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の改正に伴う「苫小牧市一般廃棄物処理施設の技術管理者の資格に関する条例」の制定について原案どおり可決されました。

また、行政財産の無償または減額貸付けの規定の設定に伴う「苫小牧市財産条例」、埋立焼却処分手数料の額の改定に伴う「苫小牧市廃棄物の処理及び清掃に関する条例」、市場面積の変更と冷凍倉庫の使用料の設定に伴う「苫小牧市公設地方卸売市場条例」、消防組織法の改正に伴う「苫小牧市消防本部及び消防署設置条例等」、議員定数の削減に伴う「苫小牧市議会議員定数条例」の一部改正について原案どおり可決されました。

陳情

今議会に提出された案件(カッコ内は付託された委員会)

採択

  • 室蘭児童相談所の分室の設置を求める要望意見書提出に関する陳情(厚生委員会)
  • 室蘭児童相談所の分室設置を求める要望意見書提出に関する陳情(厚生委員会)

趣旨採択

  • 複合的要保護児童施設早期設置を求める陳情(厚生委員会)
  • 泊原発1・2号機の再稼働と住民合意に関する要望意見書提出を求める陳情(総務委員会)
  • 心身障害者福祉センターおおぞら園放課後等デイサービス(通称すてっぷ)に関する陳情(厚生委員会)

継続審査

  • 安心できる介護制度の実現を求める要望意見書提出に関する陳情

意見書

「泊原発1・2号機の再稼働に関する住民理解を求める要望意見書」ほか4件が原案どおり可決され、関係機関に提出されました。

お問い合わせ

議会事務局
電話:0144-32-6785
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

平成24年度

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません