苫小牧市を「明るく豊かで住みよいまち」にするために

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

第7回定例会(平成24年9月開催)

一般、特別、企業会計総額で31億2,332万7千円の補正予算を可決

「苫小牧市特別会計条例の一部改正」等も可決成立

第7回市議会定例会は9月6日(木)から9月14日(金)まで開かれ、議案23件、報告7件、陳情6件、要望意見書3件などの審議が行われました。

一般質問では5会派17人と無所属2人の議員により、はなぞの幼稚園の存廃、図書館の指定管理者制度の導入、学校給食費の値上げ、家庭ごみの有料化と減量、市立病院の看護体制、道立苫小牧病院の存廃などについて質問があり、論議が行われました。

また、各常任委員会・特別委員会では陳情の審査のほか、消防力の整備指針、053大作戦~ステージ3~の取組状況、米軍再編に伴う米軍機訓練移転、津波浸水予測図などについて質疑が行われました。

今定例会で審議された主な内容と結果は次のとおりです。

報告

明野地区の市有地の売払いが決定したことにより営業収益及び費用を増額する平成24年度土地造成事業会計補正予算(第1回)の専決処分の報告が承認されました。

また、第1学校給食共同調理場の移転新築事業及び西町下水処理センター場内ポンプ場築造費(機械工事)の事業終了に伴う継続費の精算、平成23年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率、市営住宅の明け渡しに係る訴えの提起、児童遊園内の人身事故による損害賠償額の決定の専決処分が報告されました。

このほか、文教経済委員会に付託された陳情2件の審査結果の報告が行われました。

議案

苫小牧市教育委員会委員の選任

任期満了に伴う苫小牧市教育委員会委員の選任について、佐藤郁子氏の再任と新たに植木忠夫氏、和野幸夫氏を選任することに同意しました。

平成23年度各会計決算の認定

一般会計など14会計の決算の認定については、一般会計決算審査特別委員会(池田謙次委員長)と企業会計決算審査特別委員会(守屋久義委員長)に付託され、議会閉会中に審査されることになりました。

平成24年度補正予算等

一般会計では、生活困窮者の冬期間生活支援策としてぬくもり灯油事業費1,000万円、沼ノ端クリーンセンター整備業務費5,678万円、大成小学校屋内体育館・開成中学校校舎耐震改修計画・耐震補強設計費1,640万円、ときわスケートセンター建設事業費3,000万円など総額26億7,471万2千円の増額及び沼ノ端保育園の新園舎建設に伴う建設費の償還補助や企業立地振興条例に基づく助成金などの債務負担行為の追加と、小中学校整備事業などの地方債の変更について原案どおり可決されました。

また、関連議案として第三セクター等改革推進債の起債に伴う「地方債の起債の許可の申請」についても、原案どおり可決されました。

土地区画整理事業会計では、明け渡し強制執行に係る申し立て手数料260万円の増額、会計閉鎖に伴う一般会計繰入金による財源更正が原案どおり可決されました。

また、関連議案として沼ノ端鉄北土地区画整理事業特別会計の廃止に伴う「苫小牧市特別会計条例」の一部改正についても、原案どおり可決されました。

国民健康保険事業特別会計では、平成23年度剰余金を積立てる国民健康保険事業基金積立金3億8,004万円の増額が原案どおり可決されました。

介護保険事業特別会計では、平成23年度剰余金等を積立てる介護給付費準備基金積立金3,399万7千円、介護給付費負担金等の精算に伴う国及び支払基金等への償還金3,197万8千円の増額が原案どおり可決されました。

条例の一部改正等

字沼ノ端の一部の住居表示の実施に伴う苫小牧市コミュニティセンター条例等の一部改正について、火を使用する設備等に急速充電設備を追加することに伴う苫小牧市火災予防条例の一部改正について、原案どおり可決されました。

陳情

今議会に提出された案件(カッコ内は付託された委員会)

継続審査

  • 北海道電力泊原発の再稼動を認めないことを求める要望意見書提出に関する陳情(総務委員会)
  • 泊原発の再稼動を認めないことを求める要望意見書提出に関する陳情(総務委員会)
  • 複合的要保護児童施設の早期設置を求める陳情(厚生委員会)
  • 複合的要保護児童施設早期設置を求める陳情(厚生委員会)

不採択

  • 市立はなぞの幼稚園の存廃に対する十分な説明責任を求める陳情(文教経済委員会)
  • 苫小牧市立はなぞの幼稚園の存続を求める陳情(文教経済委員会)

意見書

「自治体における防災・減災のための事業に対する国の財政支援を求める要望意見書」ほか2件が原案どおり可決され、関係機関に提出されました。

お問い合わせ

議会事務局
電話:0144-32-6785
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

ここからサブメニュー

平成24年度

サブメニューここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません