苫小牧市を「明るく豊かで住みよいまち」にするために

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

第4回定例会(平成23年12月開催)

緊急雇用対策事業を盛り込んだ補正予算案を可決

文化会館、総合体育館などの指定管理者の指定についても可決

第4回市議会定例会は12月1日(木)から12月9日(金)まで開かれ、23年度補正予算案や条例の改正・廃止、指定管理者の指定など議案19件、各委員会の審査結果など報告6件、要望意見書3件などの審議が行われました。一般質問では5会派16、無所属2人の議員により、新年度予算編成と財源確保、入札制度の見直し、住居手当、みんなでふくし大作戦、福祉灯油の実施、災害備蓄品の整備などの防災対策、災害廃棄物の受け入れ、ごみ減量とリサイクル、学校図書館の整備などについて論議されました。

各常任委員会・特別委員会では陳情の審査のほか、市営バス民間移譲の進捗状況、敬老会助成金及び敬老祝い金の見直し、学校防災対応マニュアル(改訂版)、空港運営のあり方に関する検討会、貨物船の座礁事故に係る対応などについて質疑が行われました。なお、厚生委員会に付託された苫小牧市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正と建設委員会の所管事項の平成23年度苫小牧市日新団地建替事業検討委員会の経過については、継続審査になりました。

今定例会で審議された主な内容と結果は次のとおりです。

報告

閉会中の決算審査特別委員会に付託された22年度一般会計及び企業会計・特別会計の決算審査結果が報告され、全会一致で報告どおり決定されました。また、沼ノ端クリーンセンターの整備に要する費用と損害賠償請求事件の弁護士費用を増額補正する平成23年度一般会計補正予算(第6回、第7回)の専決処分と保険税償還金を増額補正する平成23年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第2回)が、報告、承認されました。

さらに、安全・安心のまちづくりに関する特別委員会に付託された陳情1件の審査結果の報告が行われ、報告どおり決定しました。

議案

23年度各会計補正予算

一般会計補正予算では、道路清掃・雪氷除去、公園樹木管理業務、マイクロフィルム電子化業務などの市単独の緊急雇用対策事業費3,500万円、北海道の補助金による児童虐待防止及びDV被害者保護活動事業費252万4千円、特定防衛施設周辺整備調整交付金を活用し沼ノ端出張所車庫のシャッターを取替る消防庁舎改築整備事業費1,129万8千円、同じく5小学校の教育用コンピュータを更新する小学校教育用コンピュータ整備費3,924万9千円などで総額1億2,319万円の増額と指定管理費5件、樽前予約型バス運行業務委託及び一般廃棄物収集運搬業務委託の更新の債務負担行為補正の追加が原案どおり可決されました。

また、関連議案で、コミュニティセンターは特定非営利活動法人ワーカーズコープ、高丘霊葬場はイージス・グループ有限責任事業組合、文化会館は北海道クリーン開発・北海道共立コンソーシアム、総合体育館及び日吉体育館は都市総合開発・東洋実業共同事業体への公募による平成24年度から4年間の指定管理者の指定と緑ヶ丘公園陸上競技場は緑豊建設(株)への非公募による平成24年度から2年間の指定管理者の指定が原案どおり可決されました。

国民健康保険事業特別会計補正予算では、療養給付費負担金等の精算に係る返還金1億6,165万4千円の増額が原案どおり可決されました。

水道事業会計補正予算では、新開町地区への配水管新設工事に要する経費9,360万円の増額が原案どおり可決されました。

下水道事業会計補正予算では、錦岡地区はじめ8地区に雨水管新設を行なう下水道築造工事に要する経費1億円の増額が原案どおり可決されました。

市立病院事業会計補正予算では、再編交付金を活用し医療機器を整備する固定資産取得費3,067万7千円の増額が原案どおり可決されました。

条例の廃止及び一部改正等

国家公務員の給与改定の勧告に準じて、一般職の給料月額の引下げ等を行う「苫小牧市一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正」、法律の改正に伴う「苫小牧市議会の議員等の公務災害補償等に関する条例等」、山手町市営住宅の熱供給施設の管理運営を市が直接行うための「苫小牧市営住宅管理条例」、あけの保育園を民設にして国・道から運営費補助を受けるためあけの保育園を廃止する「苫小牧市保育所設置条例」の一部改正は、原案どおり可決されました。

さらに、住宅事業会計を廃止するための「苫小牧市営住宅事業に地方公営企業法の規定の財務規定等を適用する条例等」と、自動車運送事業を廃止するための「苫小牧市自動車運送事業の運賃等に関する条例及び苫小牧市自動車運送事業の設置等に関する条例」の廃止は、原案どおり可決されました。

また、ごみ収集有料化のための「苫小牧市廃棄物の処理及び清掃に関する条例」の一部改正については、厚生委員会に付託されました。

財産・土地の譲渡

あけの保育園の廃止により、継続して事業を行う社会福祉法人苫小牧市福祉事業協会にあけの保育園の建物等を無償譲渡する財産の譲渡についてと、国が施工する苫小牧港西港区本港地区岸壁改修工事に係る用地として市有地を売却する土地の譲渡については、原案どおり可決されました。

諮問

任期満了に伴う人権擁護委員候補者の推薦について、引き続き岡田秀樹氏、小谷博義氏を、新たに今村裕昭氏、二階堂久美子氏を推薦することに同意しました。

陳情

今議会に提出された案件(カッコ内は付託された委員会)

継続審査

  • 苫小牧市の小中学校における集団フッ化物洗口の実施に関する陳情(文教経済委員会)

不採択

  • 放射性瓦れきの苫小牧市への持ち込みの拒否に関する陳情(安全・安心のまちづくりに関する特別委員会)

前回までに提出された案件(カッコ内は付託された委員会)

継続審査

  • 市独自制度(地域生活支援事業)の移動介護において、ヘルパーによる障害者所有の自家用車を運転することに対する報酬の算定を禁止しない改正の早期実施を求める陳情(厚生委員会)

意見書

「防災会議に女性の視点を取り入れることを求める要望意見書」、「災害に強い日本の構築に向けた社会資本整備を求める要望意見書」、「自動車関係諸税の抜本見直しを求める要望意見書」の3件の意見書が原案どおり可決され、関係機関に提出されました。

お問い合わせ

議会事務局
電話:0144-32-6785
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません