苫小牧市を「明るく豊かで住みよいまち」にするために

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

第2回定例会(平成23年6月開催)

緊急雇用創出事業などの補正予算が可決成立

第1学校給食共同調理場調理等業務委託などの債務負担行為も可決

第2回市議会定例会は6月23日(木)から7月1日(金)まで開かれ、緊急雇用創出事業や第1学校給食共同調理場調理等業務委託などの債務負担行為を含む23年度補正予算案や「苫小牧市税条例」のほか2件の条例の一部改正案など議案9件、出資法人の経営状況や委員会の審査結果など報告9件、陳情2件、要望意見書4件などの審議が行われました。

一般質問では5会派15人と無所属1人の議員により、津波などの大規模災害対策、まちなか再生総合プロジェクト、住宅用火災警報器設置などの消防行政、子育て支援などの福祉行政、家庭ごみの有料化と減量対策などについて質問があり、論議が行われました。

各常任委員会では陳情の審査のほか、CAP Program Part I(平成23年度版)、「みんなで福祉大作戦!」事業概要など、総合開発特別委員会では米軍再編に伴う米軍機訓練移転など、新設された安全・安心のまちづくりに関する特別委員会では東北地方太平洋沖地震についての質疑が行われました。

今定例会で審議された主な内容と結果は次のとおりです。

報告

平成23年度苫小牧市沼ノ端鉄北土地区画整理事業特別会計補正予算(第1回)、市立病院の医療事故による損害賠償の額の決定とこれに伴う平成23年度苫小牧市立病院事業会計補正予算(第1回)についての専決処分が報告、承認されました。

また、平成22年度苫小牧市一般会計予算に係る繰越明許費の繰越し、平成22年度苫小牧市水道事業及び下水道事業会計予算に係る建設改良費の繰越し、平成22年度苫小牧市下水道事業会計予算に係る継続費の繰越し、出資法人等の経営状況について報告が行われました。

このほか、厚生委員会に付託された陳情2件のうち、1件の審査結果が報告されました。

議案

人事案件

任期満了に伴う苫小牧市公平委員会委員の選任について、引き続き牧田宏氏を選任することに同意しました。
委員の辞任に伴う固定資産評価審査委員会委員の選任について、新たに石田芳人氏を選任することに同意しました。

23年度補正予算等

一般会計補正予算では、北海道の補助金による介護基盤緊急整備等特別対策事業費4億9,738万6千円、「なかの保育園」移転改築のための北海道安心こども基金を活用する私立保育所緊急整備費補助金7,559万3千円、北海道の補助金を活用する緊急雇用創出事業費5,673万円など総額6億5,158万4千円の増額及び第1学校給食共同調理場調理等業務委託などの債務負担行為の追加について原案どおり可決されました。

市の所有地に建物を建築、不法占有している者に対する、明渡しの訴えの提起とこれに伴う沼ノ端鉄北土地区画整理事業特別会計での弁護士費用、供託金152万5千円の増額を原案どおり可決しました。

水道事業会計では、水道メーター検針等業務の委託拡大に伴う委託料663万7千円の増額が原案どおり可決されました。

条例の一部改正

法律等の改正に伴う「苫小牧市税条例」と「苫小牧市消防作業及び災害応急措置業務に従事した者等に係る損害補償並びに見舞金の支給に関する条例」、東日本大震災の影響で水道料金改定のための条例の施行期日を変更する「苫小牧市水道事業給水条例及び苫小牧市下水道条例の一部を改正する条例」の一部改正について、原案どおり可決されました。

諮問

任期満了に伴う人権擁護委員候補者の推薦について、引き続き鶴巻安子氏を推薦することに同意しました。

推薦

任期満了に伴う議会推薦の農業委員会委員について、新たに山内幸子氏、引き続き小野寺幸恵議員、池田謙次議員を推薦しました。

陳情

今議会に提出された案件(カッコ内は付託された委員会)

趣旨採択査

  • 障害者の就労の場設立に関する陳情(厚生経済委員会)

継続審査

  • 市独自制度(地域生活支援事業)の移動介護において、ヘルパーによる障害者所有の自家用車を運転することに対する報酬の算定を禁止しない改正の早期実施を求める陳情(厚生委員会)

意見書

「地方財政の充実・強化を求める要望意見書」ほか3件が原案どおり可決され、関係機関に提出されました。

お問い合わせ

議会事務局
電話:0144-32-6785
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません