苫小牧市を「明るく豊かで住みよいまち」にするために

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

第19回臨時会(平成22年11月開催)

人事院勧告に準じた「特別職の職員の給与に関する条例等」及び「一般職の職員の給与に関する条例等」の一部改正案が可決成立

第19回市議会臨時会は11月25日(木)に開かれ、報告5件、議案2件の審議が行われました。

報告

閉会中の決算審査特別委員会に付託された21年度一般会計及び企業会計・特別会計の決算審査結果が報告され、一般会計は賛成多数で、企業会計は14会計すべて全会一致で報告どおり決定されました。

続いて、市有自動車の物損事故の損害賠償の額の決定についての専決処分が報告され、事故の賠償金を増額する平成22年度苫小牧市一般会計補正予算(第10回)の専決処分が、報告、承認されました。

また、市道の路側のトラフのふたが跳ね上がり、通行車両に損傷を与えた物損事故の損害賠償の額の決定についての専決処分が報告、承認されました。

議案

国家公務員に準じて、特別職の期末手当の引下げ等を行う「苫小牧市特別職の職員の給与に関する条例及び苫小牧市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部改正」と一般職の給料月額並びに期末手当及び勤勉手当の引下げ等を行う「苫小牧市一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正」を、原案どおり可決しました。

お問い合わせ

議会事務局
電話:0144-32-6785
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません