苫小牧市を「明るく豊かで住みよいまち」にするために

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

ここから本文です。

現在位置

第15回定例会(平成22年2月~3月開催)

平成22年度予算総額1,257億3,059万円が可決

(一般会計予算は712億100万円、特別・企業会計予算の総額は545億2,959万円)

第15回市議会定例会は2月26日(金)から3月19日(金)まで開かれ、報告11件、陳情1件、議案41件、意見書2件などの審議が行われ、「平成22年度各会計予算案」などが可決されました。

「財政健全化」、「行政改革」、「市民自治の推進」の基本政策を掲げ、今年度の重点施策「企業誘致」、「景気・雇用対策」、「中心市街地活性化」、「危機管理」、「福祉」、「環境」、「教育」、「苫小牧中央インターチェンジ」と総合計画の5つのまちづくりの目標に沿って今年度の主要施策を掲げた市長の市政方針及び、教育長の教育行政執行方針に対し、6会派6名の議員が代表質問に立ち、財政健全化計画、行政改革推進計画、景気・雇用対策、一般廃棄物処理基本計画、空港行政、小中学校規模適正化方針、新第1学校給食共同調理場、苫小牧中央インターチェンジ、職業訓練センターなどについて論議が行われました。

また、各常任委員会・特別委員会では陳情の審査のほか、まちなか再生総合プロジェクト素案、次世代育成支援対策推進行動計画(後期)、一般廃棄物処理基本計画(案)、第1学校給食共同調理場管理運営(案)、日新団地建替事業基本構想(案)、在日米軍再編に伴う米軍訓練機移転などの質疑が行われました。

今定例会で審議された主な内容と結果は次のとおりです。

報告

厚生委員会に付託された請願1件と文教経済委員会に付託された陳情1件の審査結果が報告され、報告どおり決定されました。

また、強風で市施設の屋根部材が飛散したことによる車両の物損事故の賠償額の決定、漏水での道路陥没に車両が落下したことによる人身及び物損事故の賠償額の決定、除雪苦情パトロールにおける市有自動車の物損事故による賠償額の決定についての報告及び、これらの賠償金を増額する平成21年度一般会計補正予算と水道事業会計補正予算の専決処分の報告が承認されました。

さらに追加で、乳幼児家庭訪問における市有自動車の物損事故による損害賠償額の決定についての報告が行われました。

議案

苫小牧市固定資産評価審査委員会委員の選任

任期満了に伴う固定資産評価審査委員会委員の選任について、小川和紀氏、石山孝之氏の再任と新たに吉川久美子氏の選任に同意しました。

平成21年度補正予算案及び関連議案

21年度補正予算案は、一般会計が、未執行予算額の調整などで11億7,985万3千円の減額、22年9月までの廃プラスチック類資源化処理業務委託料や早期発注による景気浮揚対策などのための債務負担行為で2億5,118万8千円などが可決されました。

また、特別会計・企業会計では、国民健康保険と介護保険の保険給付費の増や市立病院の医師、看護師の増員に伴う給料の増、未執行予算額の調整などで5億9,764万8千円の減額が原案どおり可決されました。

平成22年度予算案及び関連議案

平成22年度予算案は、一般会計及び企業会計予算審査特別委員会に審査が付託され、一般会計は賛成多数で、企業会計は14会計全て全会派一致で、いずれも委員長報告どおり原案可決されました。

また、国民健康保険事業には、個別証による資格証明書の発行に当たっては、きめ細やかな相談を行うべきとの要望意見が付されました。

これにより22年度一般会計予算総額は、712億1,000万円、
国民健康保険事業など7特別会計の総額は、305億80万1千円、
水道事業など7企業会計の総額は、240億2,878万9千円となりました。

また、関連議案として一般会計予算審査特別委員会に審査が付託された職員定数の増減員のための「苫小牧市職員定数条例」、
給料月額を減額する措置の延長のための「苫小牧市特別職の職員の給与に関する条例及び苫小牧市教育委員会教育長の給与等に関する条例」、「苫小牧市一般職の職員の給与に関する条例」、
月60時間を超える時間外勤務手当の支給割合の引き上げと時間外勤務代替休暇新設のための「苫小牧市一般職の職員の給与に関する条例及び苫小牧市一般職の職員に関する条例」の一部改正については全会一致で、委員長報告どおり原案可決されました。

企業会計予算審査特別委員会に審査が付託された「苫小牧市自動車運送事業経営健全化計画の策定について」は全会一致で委員長報告どおり原案可決されました。

平成22年度一般会計の主な新規事業

国道36号苫小牧電線共同溝事業、
文書事務適正化事業、
コミュニティセンター整備事業(再編交付金事業)、
パスポート発給事業、
まちなか再生総合プロジェクト事業、
住居表示実施基準検討事業、
国勢調査等周期統計調査費、
生活保護電算システム拡張事業、
アスベスト対策費、
ヒブワクチン接種料助成事業、
統計処理システム更新事業、
053(ゼロごみ)推進事業費、
微量PCB汚染電気機器把握事業、
苫小牧駅自由通路エレベーター補修工事、
小学校用教科用図書採択事業、
沼ノ端小学校校舎温風暖房機改修設計費、
植苗小中学校屋根・便所改修工事(再編交付金事業)、
啓北中学校校舎耐力度調査、
勇払公民館改修事業(再編交付金事業)、
博物館特別展事業、
川沿公園体育館設備整備など

平成22年度一般会計補正予算案

高齢者緊急通報システム更新事業費417万9千円の増額が原案どおり可決されました。

条例の一部改正等

退職手当に係る新たな支給制限及び返納制度を設けるための「苫小牧市職員の退職手当に関する条例」の一部改正案が原案どおり可決されました。

また、「市道路線の廃止について」、「市道路線の認定について」と異議のない旨意見を述べる「二級河川の指定の廃止に係る意見について」は全会一致で原案どおり可決されました。

諮問

定数増に伴う人権擁護委員候補者の推薦について、生田目克彦氏を推薦することに同意しました。

陳情・請願

今議会に提出された案件(カッコ内は付託された委員会)

趣旨採択

  • 季節労働者の失業給付を90日分にし国の季節労働者対策の強化を求める要望意見書提出に関する陳情(文教経済委員会)

前回までに提出された案件(カッコ内は付託された委員会)

趣旨採択

  • 子育て支援生活施設設置に関する請願(厚生委員会)

継続審査

  • 肺炎球菌ワクチンの公費助成を求める陳情(厚生委員会)

意見書

  • 季節労働者の失業給付を90日分にし季節労働者対策の強化を求める要望意見書
  • 独立行政法人雇用・能力開発機構が設置する苫小牧地域職業訓練センターの機能存続に関する要望意見書

の2件が原案どおり可決され、関係機関に提出されました。

お問い合わせ

議会事務局
電話:0144-32-6785
フォームからのお問い合わせ(リンク)

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません