ここからメインメニュー

ここから本文です。

ビオトープ

苫小牧東小学校ビオトープ

biotope1biptope2

1970年代に作られた中庭の池を中心に、2004年からビオトープの造成を開始しました。

ビオトープのテーマ

~まちのなかの勇払原野~

勇払原野を再現し、動植物の自然の姿やふるさとの原風景に出会える中庭ビオトープを目標にして、造成、整備を行っています。

東小学校のビオトープの特色

  • 地下150mから自噴する湧水の出る池があります。
  • 池では、ウグイ、ドジョウ、ヨコエビなどが見られます。
  • 春から秋にかけて、100を越える植物が見られます。
  • エゾタンポポ、エゾエンゴサク、エゾキズゲ、クロノミウグイスカグラ(ハスカップ)など、北海道の固有種を自生させています。

ビオトープの歴史

2004.7 ビオトープ造成開始
2006.10.16 ドコモ環境教育助成校に指定される
2008.2.10 全国学校ビオトープコンクール 銅賞受賞
2012.2.12 全国学校・園庭ビオトープコンクール 奨励賞受賞
2014.2.9 全国学校・園庭ビオトープコンクール 日本生態系協会賞受賞

お問い合わせ

苫小牧市立苫小牧東小学校
0144-32-6231

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません