ここからメインメニュー

ここから本文です。

学校経営方針

平成29年度 啓北中学校経営基本方針

1.学校経営の方針
 学校とは、いろいろな仲間との関わり合いを通し、互いが学び合って成長していく場である。それは、子供だけでなく、我々教師にも言えることである。子供にとって最大の教育環境である教師の成長なくして、教育を受ける側の子供の成長や変容はない。まさに、子供のために教師の努力と成長が必要なのである。
 そして、目標のないところに努力は存在しない。自校の「教育目標」や「目指す姿」を全教職員が共通理解し、その達成に向けた協働意識をもって実践することで、学校という組織が機能する。そのため、教育目標の具現化や学校課題の解決に向けて、「できるか、できないか」を論議するのではなく、全員が知恵を出し合って「やるためには、何が必要か」を考え、常に「どうしたらもっと良くなるか」という視点をもって業務を推進していきたい。
 「校長が替われば学校が変わる」ではなく、教職員一人一人が学校経営に参画しているという自覚をもち、意見を交流する中で学校改善を図っていくことが、より強固な「学校力」の向上につながると考える。
 分担した仕事に誇りをもち、それぞれが責任をもって果たす。お互いのよいところを認め合い、敬意をもって接する。そして、全員が思いをひとつにして目指すゴールに向かって進んでいく、そんな教職員集団「チーム啓北」でありたい。

2.学校経営の重点
(1)教育目標の具現化を目指し、生徒個々に「生きる力」を育む教育活動の推進

(2)創意ある教育活動の展開と教職員の協働的な経営参画の重視

(3)専門性、実践力を培う研修の充実

(4)保護者・地域社会との行動連携の重視

(5)地域に愛される生徒の育成を目指す小中連携の推進

(6)学校教育の基盤となる職場環境の重視

3.学校課題
  『豊かな心』の育成と一人一人が生きる『分かる授業』の創造


  
 

お問い合わせ

苫小牧市立啓北中学校
0144-72-7245

本文ここまで

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューの文章は、リードスピーカーにより読み上げされません